excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アニメ「ピンクレディー物語」続編。

子供の頃、テレビで毎週「ピンクレディー物語」を見ていた。

彼女たちが生まれて、デビューするまでのお話。
その後の活躍は、オンタイムでみてきたのだが
子供だけにキャッチする情報は
華やかな世界ばかりにスポットがあたる。

今のモーニング娘。くらい
われこそがピンクレディーになりきっていく
大ブームだったのだ。

ピンクレディーが海外にいき泣いた日。
それから間もなく解散してしまう。
大人になり、懐かしい話になったころ、再結成。
そして、私の知らない裏舞台が
ケイちゃんによって語られる。

ミーやスタッフとの溝を感じた‥

長年苦労して支えあってきたふたりだから
時間が解決してくれたのだろうか。
あの7人組は、人数が多いから
時間もだいぶかかるのだろうか‥。


ソロになって歌った
「すずめ」のうた、好きだった。
ピンクレディーの時は、ミー派だったが
ソロになってからは、ケイ派になった。


「ピンクレディー物語」の再放送‥
なんて有得ないのかな。
もう一度見てみたい。
そんな気分になってきた。


ケイの半生本発売★Excite : 芸能ニュース
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-09-19 18:23 | 音泉
<< たいせつな人の死。 大変なことだ。 >>