excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


岡ちゃんの「バース・ディ」。

TBS番組で岡ちゃん特集見ました。

岡ちゃんの「例え、ハエ問題」の
本当の所が判りました。

「例えたかったのは〝蟻〟だったんだけど
 前から「監督のいってたハエのように」と
 勘違いしてたスタッフの言葉が耳についてて
 ふと、あの会見の時に間違っていってしまった」

という事でした。
名指ししちゃえばいいのにw 誰?それw

カズ下ろしの件はあれど、ここまで
協会が岡ちゃんを指名するので
私も協会側も彼しかいないなだろうと
諦めて日本代表として応援するようにしたのだけど
やっぱ、カズ下ろしの件がある為が厳しく見てしまう。

軽くミーハーで楽しい人だというのも
これまでトーク番組やニュースで知り
それはそれと思いつつな部分も長年
カズ下ろしの事を心に引っ掛けてると
苦手な友達だけど、たまに面白いと思う‥
それに近い鑑賞が生まれてくる。

ハエの件はパッシングされてる報道を見て笑ってた。

マスコミって探してるよね、指摘する部分。
もう彼しかいないんだって思って応援する記事を
書いていかないと、ステージ目前だしさ。
‥なんて思った。
暗いニュースや報道ばかりは苦しい。
報道関係も真剣にカズ下ろし等の熱い想いあって
書いているのかな。

サポーターや国民に植え付け煽って記事に
注目を浴びたいだけであれば、つまらないよね。

こんな負けてても、救いがあるとかないのか。
暗いニュースが多いせいか、どの新聞も
岡ちゃんを下ろせ!というような記事が
でかでかと載ってるのをキオスクで見て気持ち悪くなった。

私の中ではカズが選ばれなかった過去があり
今はヤットとイナが選ばれて日本代表になり
彼らが活躍をして日本代表が勝ってBEST4に
入れれば、監督が誰だっていいと思っている。
勝てればいい。勝ったら岡ちゃんの選択を褒める‥かもw

だからこの番組も避けずに今を知りたいから見た。

安太郎氏は、岡ちゃんを
「こいつは昔からいやらしいやつだった」
協会は、岡ちゃんを指名してきた。

もうそれにかけるしかないが、監督だけでなく
動けていない選手に対してのジレンマも感じる。

これだけ負けて毎回課題が、問題点が判った‥と
いっててもまた同じ事をしてしまう、女子の体育みたいに
右にボールが行けばPOSを忘れて走ってって
自分のゴール前はすきだらけ、ホローすら
かけって追いついてこれてない読みが欠けてる。
今回は遠藤が活きてないように思う。

声を出して、言葉かけあっているか?
なんでオウンゴールを続けてしまうか。
ボールに間にあうよう走るだけでボールみてないから。
それから3人4人もボールを持つ選手の周囲を
囲んでいるだけでアクションなく抜けられてる‥
こんなケースもあると取り囲んで見せたまでで
ボールを奪う選手は見てて少ない‥
毎回毎回もどかしくて、もどかしくって。
強気でセンターで戦ってよ。端に参るはマイナスよ。

気候、環境が厳しい場所での試合は他国よりも
スタミナが心配されるわが日本代表は前半に
頑張って得点を収め、その点に甘えずしっかり
守って攻める後半でないと簡単に負けてしまう。

起動が遅いのはなぜか、誰かが気持ちに余所見があれば
気持ちのばらつきが試合に出て、それはサポータにも
伝わってきて‥半ば諦めさえも伝わってくる‥。

せめて気持ちだけでもと思ってしまう。

俊輔が前に「出来てたことが出来ない」ともらした。

皆、それぞれ上手くて選ばれているが気持ち不足。
これまで代表が輝かしいゴールの思い出を残してくれた試合は
選手もサポーターも気持ちがまとまってたように思う。
変な話だと思うかもしれないが、思い出して‥湧き上がるもの。

監督のコマではあるけど練習用のコマではなく
全員が同じくらい闘志ある生きたコマにならないと。

がんばれ、ニッポン。
君が代も歌ってその辺りから火をつけてくれ。


先程は、途中で終えましたが、終りにしましたw
あまりに苦しくて死ぬかと思ったよ。
心配メールありがとう。


isono



2010年6月5日 08時00分 ( 2010年6月5日 11時20分更新 )
岡田監督、最悪4連敗で開き直り
ゴールが遠く、岡田監督にいらだちの表情が浮かぶ。攻撃陣の粛清も示唆した [ 写真拡大 ]
 サッカー・国際親善試合(4日、日本0-2コートジボワール、スイス・シオン)サッカーの南アフリカW杯に臨む日本代表は、コートジボワール代表との本番前最後の強化試合に0-2と完敗した。日本は5日にスイス合宿を打ち上げ、6日に南ア入りする。

 屈辱的な4連敗。自らが歴史に刻んだ、98年フランスW杯までの4連敗以来となる記録を引っ提げて会見場に現れた岡田監督は、無表情に淡々と言い切った。

 「自信という面ではよくないかもしれないが、ここまで来たら逆に追いつめられて、奮発する力が出てくるのではないかと思っています」

 油断、慢心を生むよりはマシだ。確かに06年ドイツW杯は、直前の親善試合・ドイツ戦の善戦から下降線をたどった例もある。ただ、その言葉が本心でないことは、試合直後の言葉から明らかだった。

 「こういう相手に戦える選手、戦えない選手がハッキリした」

 カメルーン戦を想定した先発メンバーで臨んだ試合だが、キッパリと言い切った。さらに、「明確になった面がある。守備はある程度、メドが立った。攻撃に関しては、もっと走れないといけない」。つまり、守備陣は合格だが、攻撃陣は“落第”というわけだ。

 この試合の枠内シュートは、MF中村俊輔のFK1本。引いて守る形、MF長谷部を初のトップ下で先発させるなど理由はあるが、それはすべてW杯を見据えた決定だ。

 「状況次第だが、W杯の1、2戦で大幅に(メンバーを)変える戦いをしようとは思っていない」

 岡田監督は、本番前に主力メンバーを固定する方針を明かした。9日後のカメルーン戦へ、守備陣は固まった。しかし、最近4試合1得点の攻撃陣には、激震の予感すら漂っている。

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-06-05 18:41 | 蹴球泉
<< 蓮舫姉御の入閣内定。 闘莉王と接触した、ドログバが骨折‥ >>