excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヒデと本田対談と、岡サッカーの指導

「決めた!? 中田英寿復帰!」

まさかあのトークでのあの言葉を
信じたのか?!と文章を読むと
「リップサービス」だとある。

読んでもらう為に、つけたタイトルだな。

私もKINGは、KAZUだと思ってるよ(^-^)/
KAZUの日本代表時代を見てない人が書いてると判る。
多分、夢の対談として同じピッチに立ってないこと。
それからヒデが興味を持った選手なのかなと。
頑なにマスコミの前で話すのを嫌ったヒデが
柔らかな表情で話す様は大人になったと感じるw
別に子供だったわけじゃないけど社会で生きる為に。

引退宣言したヒデが、再び代表として
ピッチに戻るかといえば無理かなと思う。

ドリームマッチや活動で体は動かしていても
さすがに現役で今、積み重ねてる選手と
チームとしてかみ合うのか、と想像しても
難しく思えてしまうのだ。
本人もジョーダンぽく笑っていってたし
ブラジルで監督をつとめる人が選択する事だものね。

ただ言いたい事やもどかしさは伝わってよ。

出来たら、今のチームの要で出てほしい。
今のチームは自信喪失な岡ちゃんを
応援するイレブン達の選手で、岡ちゃんの
プレッシャーも判るが、やっぱり
練習試合を見てても軸がいない感じで。

これまでヤットが、そう!そこ!と‥
彼の考えもあって自由に動けてた頃のが
私はよかったと思うし、指示がないと
動けない選手も中にはいるの必要な選手に
指導をするって出来ないかと思っていた。

皆、できるから選ばれてきている。

岡ちゃんは、どちらかというと
チャキチャカと頭動かして先を走る選手に
指示が多いんじゃないかと思う。
本田、森本が動ききれていないことがそれだ。

ヤットもそうなんだ。やきもきする。

中澤のように黙ってられなくて自分の
Posを離れてまで出かけちゃう選手には
留まり自分のPosでしっかり仕事するよう
いってほしいのだけど。

ワントップでは弱いと思う。
ワントップにする代りに、どこに
重を置いてなのか今いち判らん。

使える選手と使えない選手が判ったって
いうのも正直、遅いだろって。
あんなに秘密にして発表したのにな。

川口を連れていく意味を考えると
強化試合で一度使うべきだったと思う。

さぁ開幕だ。


isono


2010年6月8日 11時00分
決めた!? 中田英寿復帰!
[拡大写真]  先日のテレ朝で「王位継承」と称して本田選手と対談した中田英寿氏。
 2代目キング(実際、初代は三浦カズだと思っていますので)は、どんな言葉を本田選手に投げかけるのか、筆者はとても興味深くテレビ朝日の「中田英寿×本田圭佑」を観ていた。(個人的には中田×中村俊輔の方が面白いんじゃないか、と勝手に思っていたのですが…)
 初出場のフランス大会から前回のドイツ大会までの気持ちや、技術的な事も含め、とても内容の濃い対談であった。
 対談の中で中田氏は、本田選手に「自分のプレーが出来なかった事にとても後悔している」「本田選手もヒールになろうが自分を出しきって欲しい」と言っていた。
 現役引退後も多方面で活動している中田氏は、チャリティー活動家として引退した選手等を集めて試合などを行ったりしている。その試合では、実戦とは程遠いフレンドリーマッチなのでそんなに厳しい動きはしないが、ここぞという一瞬の場面では現役時代を彷彿させる華麗なプレーを垣間見ることが出来る。
 TVCM等で見られるその肉体も変わらずシェイプアップされていて、とても引退して既に4年も経過したとは思えない。今直ぐにでも現役復帰が出来るのではないかと思えるのは筆者だけではないはずだ。
 対談の最後に本田選手から「復帰しないんですか?」と問われ、「こんな老体に…」(笑)の後に「今回の(南ア杯)終わったら考えます!」と答えた。
 リップサービスの一環だったかも知れないが、既に引退をした通常の選手であれば、即答で「それはない」と応えると思うのだが…4年後は37歳…色々とサプライズを見せてくれた中田氏にだからこそ、余計にもありそうな可能性を求めてしまうのだ。
 妥協しない彼が、サッカーで唯一後悔した「自分のプレー」を魅せるために2014年ブラジルでのW杯出場を狙ってもおかしくはない。今後の中田氏の去就に大注目をしたいのは筆者だけではないだろう。

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-06-11 10:10 | 蹴球泉
<< 標高差で、変わるゴール前‥ 今頃になって、室伏の繰上り銅が... >>