excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


時代の流れは強いものだ。

悲しい寂しいイメージを抱いたが、
時代の流れには逆らえないのだろうか。
逆らわずして、そのまま
あり続けることは出来なかったのだろうか。

お金の問題だけでなく、
古い考えのもとで存在するものを
消していく方向が、どの時代にもある。
消すと決定してから、論議は起こるが
阻止されることがないのも悲しい。
阻止したから、何をするでもない人たちと
阻止されても、何もするつもりもない人たちと
堂々巡りの論議になって、静かに閉廷。

だいたいがそうなる。
ビートルズファンだって、消えてしまうまでは
騒ぐだろうけど、それが決定的になると
「へぇー」「へぇー」と言わせようと
いつか話し出すんだろうな。

歌があるから残しておく。
そういうのもおかしいのかもしれない。
ジョンがいない今、この事件を聞いたら
どんな反応をしめし、行動を起こすかどうかも
想像ができない。
ジョンのことをわかりきっているという
ヨーコがもしもジョンが生きていたとしたら‥
なんて思っていたらニュースになる前に
何とかしていただろう。

今やオークションで
ビートルズが紙が硬くて使いたくないと
拒否したトイレットペーパーを
その頃から(本当にか?!)倉庫に置いたままで
拒否されただけのペーパーを出品するなんて
どうでもいい品まで出てきてしまっている。

コレクターっていう存在は
とことんコレクターであっても
本当に価値がある物しか落札しない。
それもそれぞれの思い入れのあるシーンが
あってこそなので、トイレットペーパーが
落札されたら、どんな人が落としたのか
ぜひワイドショーで紹介してほしい。

音楽はその人の心の中で
あの頃のまま愛され、聴かれ続けるものだ。
だからそれぞれの心の中で
色あせずに歌われ続けるものだ。

ニュースになるくらいの内容であるならば
もっと記事に背景などあってもいいかと感じた。
翻訳された方にではなく、記者に
もっと取材をしてほしかった。
NETニュースは速さを競うんだろうか。

数日置いて、ビートルズファンサイトへ
様子を見にいこうかと思っている.


永遠ではなかったストロベリー・フィールズ | Excite エキサイト
永遠ではなかったストロベリー・フィールズ [ 2005年01月13日 12時01分 ]
[ロンドン 12日 ロイター] 英救世軍はリバプールにあるストロベリーフィールド孤児院を閉鎖する予定だそうだ。この名前はビートルズのヒット曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のインスピレーションになった。
 救世軍によると、児童福祉の需要に変化に対応するためのステップだという。その声明に次のように書いている。

 「子供にとって、大きな居住施設にいるよりも、養子として育てられたり、小さなグループで育った方が子供には好ましいのです」

 ストロベリーフィールド孤児院は、ジョン・レノンが子供の頃に過ごした家のすぐ近く、リバプールのビーコンフィールド通りに1936年に設立された。
 レノンはこの名前に強い印象を受け、それを1967年のヒット曲のタイトルに使った。
 レノンが1980年に射殺された現場近くのニューヨーク・セントラルパークにある記念庭園の「ストロベリーフィールズ」は現行のまま存在し続ける。
「日本語訳:ラプター」

[PR]
by iso_noon_sen | 2005-01-13 13:59 | 音泉
<< 白血病にかかる人口増えた?! 2週間で6kg。 >>