excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


yuming Papa、93歳。

YumingがのCMが、TVで流れ出す。
おー、また活動開始ですな♪
最近は、録音の時に歌ってらっしゃるw
若い頃の声っていうのは、いつまでも魅力的に残る。
歌い続け、スタジオで苦悩し、想いこがれ、
熱意の集結として完成するアルバムは
必ず人の耳に心に届くものだ。

Yumingほどの人ならば、確実な宣伝戦略もある。
ある頃のDCTとの対決のような冬場新譜発売は、
メーカー以外でも話題になった。
あゆとHikkiのときもあった話だ。
珍しいことではないが、冬に確実に稼ぐシンガーだった。
私も学生時代からファンだったので、
とても楽しみにしていたのだ。

彼女は、生活臭なし。
旦那様も、そんな空気だ。
いつまでも若々しい話題で楽しませてくれる。

Yumingの父親がご健在だったとは思わなかった。

父親が倒れるということは、ショックなのである。
父親自身も、家族も、いい年した子供もである。
父親もいつまでも父であり、娘は一生小さな娘なのだ。
小さな心配ごとはいつまでも親は抱えている。

活動を見守りたかったに違いない。
娘としても、もっと一緒にいたかった話したかったに違いない。
子供はその姿を実子に人としてのなりを見せるのだが
Yumingには、子がいない。
私も父を失ったとき、子も夫もいなかった。
現状仕方がなくても、望んでなくても、
その時間は、子がいたらと考えたりする。
Yumingもそうだっただろうか。

作品を生み育てることが人生というかのように、
生きているうちに100枚のアルバムを出すと
言ってた頃のYumingをまた見たい。
世間がどう言おうと、マイペースで作品つくって
サビないでいてほしい。

今はDCTがすべてという人がいるように、
Yumingがすべてという人もたくさんいるよ。

これからの成長は、自分を見てくれる旦那様とファンが応援するよ。

いい年をして‥

と、呆れられてしまうようなラブソングを書いてくれ♪

父上様のご冥福をお祈りします。

人気blogランキングへ関連記事を探しにいこう。

Excite エキサイト : 芸能ニュース
苗場公演中に…ユーミン父死去 [ 02月14日 06時18分 ]
 歌手松任谷由実(52)の父で、東京都八王子市の「荒井呉服店」の会長、荒井末男(あらい・すえお)さんが、2日に心肺腎不全のため同市内の病院で死去していたことが13日、分かった。93歳。毎冬恒例の新潟・苗場公演中に悲報を聞いたユーミンはステージ後に駆けつけ、無言の父と対面。思い出を胸に秘め、この日の最終公演まで休まずに歌い続けた。
 通夜は5日、葬儀は6日に、いずれも自宅のある八王子市内で親族だけで執り行われた。公演中でみとることはできなかったユーミンだが、苗場から駆けつけ、手を合わせた。近所の人たちによると、1年ほど前に体調を崩してから、ユーミンは「たびたび実家を訪れていた」という。1月30日に開幕した苗場公演がスキー場でのパーティーであることを考慮し、観客には父の死は伏せた。13日の最終公演も悲しみをひとり胸に秘め、女王“Yuming”として明るく歌い続けた。
 末男さんは1912年(明45)、現在の東京都あきる野市で生まれた。親しい人の話によると、織物関係の仕事をした後、呉服店を八王子に構え、市内屈指の大店(だな)に成長させた。温厚で明るく、話し上手。気さくでおちゃめな性格から、町の実力者であるだけでなく、人気者だった。
 ユーミンが最初のアルバム「ひこうき雲」を発表した時には、地元の八日町商店街に「アーケードで流してほしい」と頼んで回った。新作CDが送られてくるたび「由実のCDが来た。再生してくれ」と隣家を訪れ、うれしそうに聴いていた。昨年6月には、八王子で行われた全国ツアー公演に訪れ、娘の生歌に酔いしれた。
 八王子市議時代に末男さんと親交のあったタレントで会社社長の佐野美和さんは「お会いするたび“由実は昔から勉強ができた”“中央ハイウェイ(実際は中央フリーウェイ)はいい曲だ”と話されていた。“マーちゃん(夫の正隆氏)は本当にいい人なんだ、由実は幸せ者だ”ともおっしゃっていた」と話した。初めて会ったのは市議に立候補した時。つじ立ちの際「私は由実の父親だ!」と突然言われて驚いたという。「地域貢献にも尽くされ、商人のかがみのような方でした」と故人をしのんだ。
 社葬は3月1日午後1時から、東京都八王子市上野町32の1、八王子市民会館=(電)0426(22)8251=で。葬儀委員長は樫崎彰男八王子商工会議所会頭。喪主は長男邦彦(くにひこ)氏。

<訃報>荒井末男さん94歳=歌手の松任谷由実さんの父 [ 02月14日 01時42分 ]
 荒井末男さん94歳(あらい・すえお=歌手の松任谷由実さんの父、荒井呉服店会長)2日、多臓器不全のため死去。密葬は近親者で済ませた。社葬は3月1日午後1時、東京都八王子市上野町32の1の市民会館。葬儀委員長は樫崎彰男・八王子商工会議所会頭。自宅は同市八日町9の8。喪主は長男邦彦(くにひこ)さん。
[PR]
by iso_noon_sen | 2006-02-16 09:12 | 音泉
<< まだ早いんじゃないか?‥‥。 おいまて!湘南ライブでもするつ... >>