excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


このラケットって100均にもあり‥。

今年、100均で売っているのを見ました。
数限定なんだろう。

それまででも、そんなに高額な商品ではないけどね。
話題にはなったけど使っている人を見ないw

記事にあるように命中したら、爽快だろう。
運動にもなるかもしれない。

でも‥。

いいなーと思いつつ、ラケット意識が強くなり
誤ってガットの強さを確かめるように
手でポンポンとはたいてしまいそうで怖くて買えない。

1000円前後で手軽でもビリビリとくるのは
やっぱやだよと。
記事中にも、火傷しなくてもビリッとくるそうだし
電源きっても、時間を少し置かないと
ビリッとくるそうだから、安全面がまだまだ開発の余地あるね。

電源切ってから、おっと!虫が!
電源を入れて少し待たないと意味がないなら
切ってからも少し電気があれば‥。

そんなんでもないかw

ゴキブリとか目に見えてキモい虫には
これを使いたくないなー。
ゴキブリ用スリッパみたいに
必要以外に触れたくないし
その前のゴキブリが感電した後を想像したかない。

泡でかためるのも見えなくていいけど
もぞもぞしてるのを触れないから
存在感たっぷり‥(ひー)。

過激な蚊撃ラケット「カットリくん」ただいま参上! | Excite エキサイト
過激な蚊撃ラケット「カットリくん」ただいま参上![ 2006年07月12日 10時00分 ] エキサイト
楽しそうではあるけれど、他人の迷惑にならない場所で安全に使いましょう。
パッと見は、ごく普通の(?)ラケット。かくして、その実体は……「ラケット型電撃殺虫器『蚊撃ラケット カットリくん』」、ただいま参上~!!

以前Bitで粘着式の虫取りラケットを紹介したが、こちらはラケットの金属ネットを蚊やハエなどの害虫に振りあてると、電圧のショックで撃退できるという過激なアイテムだ。
輸入商社のフィフティによると、こうした「ラケット型捕虫器」が出回り始めたのは、5年前。
もともと中国でいくつか作っていて、5~6社で輸入販売していたそうだが、
「売り上げが年々増えて、昨年は例年の3倍の5万個にもなったんですよ! だから、我々も情報を集め、いっそ良いプライベート・ブランド商品を作ろうということになりまして」
と担当者。
そんなに売れるものなの!? それに、これまで輸入してたものを、あえて自社流通に!?
「4月中旬から販売を始め、今期の計画では10万4000個を予定しています!」
と、意気込みはアツイ。
プライベートブランド商品のメリットは「仕入原価を抑えられたこと」「これまでホームセンターで扱っていただけだったが、スーパーやドラッグストアにも広げたこと」で、自信のポイントは「インパクトある商品名とパッケージ」だとか。

それにしても、「ラケット型捕虫器」なんていう、狭いジャンルを数社で食い合う不思議なアイテムだが、効果はいかほどなのか。
「命中すれば完全に電気が流れ、1回でスパークし、一部が焦げたり下に落ちたり、網にひっかかったり……。蚊にはいちばんですよ」
これまた穏やかでないが、利点としては、殺虫剤と違ってニオイがないこと、当たると電流が流れるため、気絶だけで復活するようなことがないことだという。
「オマケに、命中する爽快感もあります。虫を殺してそういうのもナンですが……」

ちょっと心配なのは、使う本人に電流がビリッとくることはないのかということだが、
「ネットの部分を触ると、やけどはしませんが、電気ショックはあります。スイッチを切った後も、しばらくは絶対にネットに手を触れないでください」という。
今の季節、家の中だけでなく、公園に行く際などにも便利そうではあるが、使用上の注意をよく読み、あくまで安全なところでご利用を。(田幸和歌子)

[PR]
by iso_noon_sen | 2006-07-13 18:03 | 報泉
<< 奇跡の地球、今こそ‥。 ジュリーがライバル。 >>