excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大友康平の人相。

大友康平の人相の変化に気付かないか?

康平さんはまだ、50といえば花盛り。
物凄く老け込んだし、人相も何だか悪くなった。
目が特にそれを感じさせる。
座った目は、正気の沙汰を
失った動物みたいに見える瞬間がある。
恨みを持った目に見えてしまう。

フォルテッシモを歌ってた頃はかっこ良かった。
絶好調で、最高だったよ。
あの目の輝きと、汗にまみれたステージ
生きてることを喜ぼう!みたいなとこ。
あの勢いのまま、健全で逞しいハウンドドッグでいたら
なんて、今更想うのだが。

拒否をされたメンバーも、いい年齢になったが
あの当時の健全で逞しい顔ぶれで
やっててくれて良かったなーと想える。

解散に同意したメンバー2人の言い分は聞いたのだろうか?
私は、何か聞きそびれていることがあると想う。
「だって」とか「でも」って話でもないだろうし
しっかり話し合うべきじゃないだろうか。

大友康平の人相は、どこで変わってしまったのだろうか。

役者を始めた頃までは良かったと想う。
教師を目指して、ロックに転向し
スターダムを上り詰めたバンド。

大好きなARBが、南の陰ならば
ハウンドドッグは、北の陽だった。

今、撤回しないと後がないのを気付けないなんて。

意地を張るのもいい加減にしないと
あの人は、今に呼ばれることになる。
出来たら、現役で続けてくれると
熱狂的ファンは、ついてきてくれるだろう。
今のままでは、ヤバイ空気。

昔の、元・赤い鳥
Hi-Fi-Setと、紙ふうせんみたくはいかないだろう。
ネタが古過ぎか…。
状況も違うか…。

ココに、色々話しているようです。


ROUTE 55 大友康平[ビデオ]
大友 康平 / 集英社
スコア選択: ★★★










(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif


Excite : 芸能ニュース
大友康平が元メンバーの合流拒否 [ 10月31日 10時29分 ] 日刊スポーツ
 元メンバーなどから訴訟を起こされているロックバンド、ハウンドドッグ大友康平(50)が沈黙を破りファンにメッセージを送ることが30日、分かった。メッセージは31日午後更新のインターネット無料雑誌『Manyo(万葉)』で大友が連載するエッセー『泡沫(うたかた)』に添付される。
 訴訟は今年春までにバンドを離れた5人から、従来の6人による活動再開を求められたもの。今回のメッセージの詳細は更新まで明らかにされていないが、大友はあらためて5人の再合流を拒否。現在、1人でバンドを継続しているが、「体を削って、死ぬ気で歌っていく」と今後の方針を示している。同時に、元メンバーに対しても、別の道を進むようエールを送っている。
 大友はほかにも昨年春に離れた前所属事務所からコンサート出演義務違反などによる損害賠償請求を起こされている。いずれの問題にも、泥仕合を避けるためにコメントはしなかった。しかし、沈黙を続けるうちに憶測が飛び交った。ファンを混乱させたことを謝罪するため、メッセージを送ることになった。


[PR]
by iso_noon_sen | 2006-10-31 15:06 | 音泉
<< 大人たちの策略が見え…。 おまえが死んでどうなる?! >>