excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ジャック・ブーちゃんの笑いの極意。

スクール・オブ・ロックで、心のブレイク!
R&Rが好きなら、思いきり楽しめる映画。
それも、ブーちゃんあっての名作。

それから、何げに映画を見ていて
ブーちゃんを発見すると、目で追ってしまう。
何かしてくれるに違いない。
楽しい気持ちをくれるに違いない。

そうして、魅せられてくブーちゃん効果。

NACHO LIBREは、見ただけで爆笑。
映画見て、よじれてよじれてw
もう一度見たくなる映画だ。

あまりに作りが完璧で、しっかり頭に入る
精巧な作品は、一度でお腹がいっぱいだ。

ブーちゃんの映画が、完璧でないとは言ってない。

彼の作品は「また見てね」「また来いよ」と
まるでキッドボックスなのだ。
明日も似たようなことしても面白いよ。
だから、明日もチャンネル合わせるからね。

楽しいことは、みんな大好きさ。

笑いで免疫アップできるので
つまらない毎日で曇った体を
一度「パン!」と割りたい人はご覧あれ。

日本のポジションでいうと西田敏行かなー。

スクール・オブ・ロック」は、非常勤講師に
呼ばれた同居人に黙って、
お給料がいいから、ブーちゃんが代わりに
先生として学校へ乗り込んでいく。
そこで、教えたのは教科書にのる勉強じゃなくて
自分が最高!だと知るロックを教え始めたのだ。

こういう学校行きたいなー。

毎日、楽器を練習して早弾きに苦悩。
衣装を考えてみんなで作って
コンテストに向けて1つになっていく。



(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif



Excite Bit | Excite
中毒続出? ジャック・ブラックの熱すぎる笑い[ 2006年12月01日 10時00分 ] エキサイト
このおでぶさんが、たまらなく可愛く見えてくるから、不思議です。
ジャック・ブラック。
名前だけではピンとこない人もまだ多いかもしれない。映画『スクール・オブ・ロック』で、エリートの子どもたちにロック魂を教え込んだ、でぶっちょで下品で型破りでヘンで、でも、とってもチャーミングなおっさんと言えば、おわかりになるだろうか。

いま、そんな彼が、メキシコのレスリングを描いた映画『ナチョ・リブレ 覆面の神様』で、またしても抱腹絶倒のこってりギトギトなのにピュアな演技を見せてくれている。
教会の修道院で育ち、そのまま食事係となったイグナシオ(ジャック・ブラック)が、貧しい子どもたちの食生活をよくするために、覆面で身分を隠して「ルチャ・リブレ」(メキシコのレスリング)のレスラー「ナチョ」として活躍するという物語。
かつて日本でも、あの『タイガーマスク』の元ネタになったという実話が下敷きになっているわけなのだが、内容は、すごくベタ。
豪華なCGのハリウッド大作や、小ネタ満載の近年の緻密な邦画の数々にくらべ、ずいぶんつくりは荒っぽいのだが、その単純明快さがまた、彼の骨太な笑いを際立たせているように見える。

ところどころ前作『スクール〜』を髣髴とさせるシーンがあるのは、製作・脚本が『スクール〜』脚本と同じ、彼の古くからの友人であり、彼の“素”のクレイジーさをよく知るマイク・ホワイトのせいか。
監督は別人で、メキシコ映画にもかかわらず、ジャック・ブラック本人の「また別の日常」を見ているような気分になってくるのだ。
ちなみにジャックは、かつては『愛しのローズマリー』にも主演。童話チックなラブコメにもかかわらず、やはり浮きまくって、熱く濃すぎる演技を披露していた。

それにしても、彼のスゴイところは、セリフなど必要ないということ。
ウィットに富んだジョークをとばすでもなく、『Mr .ビーン』のように、きっちりつくりこまれた笑いでもない。また、志村けんのように何かのキャラクターを演じるのでもなく、顔ヂカラ、ぶよぶよの肉体ヂカラで、これでもかこれでもかと胸焼けするほど迫ってくるのだ。
立っているだけでおかしい。いや、マスクをかぶっても、その下にのぞく真剣すぎるピュアな熱い目と眉だけで、笑わすことのできる人。
いつでも大仰で、もったいつけた彼にかかっては、トイレも食事も、日常のささいな習慣すらきっとドラマティックにちがいない。
実際に『スクール〜』DVD特典では、出演者の子どもがきちんとしゃべって「仕事」してる向かいで、チーズボールを放り投げて食べてみせたり、勝手きままな行動が見られる。おそらく24時間、365日、彼はこういう人なのではないか。いいなあ。
『スクール〜』『ナチョ〜』ともに、超真剣に歌い上げるシーンでは、どういうわけか、作品中で最も大きな笑いがおこっていた。
真剣にやればやるほどおかしいというスゴさ。いつでも全力投球で、すがすがしく暑苦しいジャックの笑いは、いまどきの日本の「ゆるい」「ぐだぐだ」「あるある系」ばかりの笑いを一蹴してしまう破壊力がある。1度触れたら、あなたももう中毒!?(田幸和歌子)


[PR]
by iso_noon_sen | 2006-12-01 21:11 | 音泉
<< はなまるマーケット、トイレ掃除。 大人のいじめ電話相談室。 >>