excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カイリー、インフルエンザ。

今のブリちゃんみたいな存在感たっぷりだった
美人のカイリーも乳がんと戦ってから
ちょっとお休みを取るとなると、ピリピリ。

仕方がないことだけれど
癌って病気は、術後大変だから
生活を楽しく、出来れば仕事も楽な気持ちで
やってくれたらいいんだけど
こういう仕事につくと、そうもいかないよね。

ストレスで、外に出れないとか
何か楽しんでいても、誰か見ている。

久々、写真に見たカイリーが
腰回りふっくらして落ち着いた感じで
前のスリムで艶めいたムンムンの頃とは
違っていたけれど、元気そうで良かった。

モンローの晩年のように
悲しげな細さを見るのは寂しい。

ムッチリだった妹のダニーは
どうしているのだろうか。

一緒に来日してAco-Arrで
ライブしてくれたらいいなーなんて想う。
大人のライブもいいんじゃないかな。
それから、素敵な恋もしていてほしい。

初期のアルバムをまた聴きたくなる♪

インフルエンザ、早くよくなるように。
スタッフ関係者も、早くよくなるように。
みんなも気をつけてください。



(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif



Excite : 芸能ニュース
K・ミノーグがマンチェスター公演を中止=インフルエンザのため [ 01月14日 10時17分 ] AFP=時事
【ロンドン13日】乳がんの手術から復帰してツアー公演を行っていたオーストラリアの人気ポップ歌手カイリー・ミノーグ(38=写真=2006年9月撮影)のスポークスマンは、ミノーグは身体の不調で英マンチェスターでの公演を途中で中止したと語った。
 ミノーグはマンチェスターで公演していたが、インフルエンザにかかったため、同公演の残りをキャンセルした。同スポークスマンは「ミノーグはインフルエンザにかかっている。マネジャーを含めた他のスタッフもインフルエンザにかかっている。公演中止は乳がんとは関係ない」と語った。
 ミノーグは、2005年5月に母国のオーストラリアで乳がんの手術を受け、その後、フランスで治療を続けていたが、昨年11月にオーストラリアでカムバック公演を行った。今年は新年のロンドンでの公演を皮切りに、英国ツアーを行っていた。


[PR]
by iso_noon_sen | 2007-01-14 22:55 | 音泉
<< 石原都知事がしてくれたこと。 鶏肉が、近く遠く…。 >>