excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


♪玉葱の館、歌姫現る。

3日、Hikki日本武道館初日を見た。

下から2つ目ランクの席を買ったが、
天井から数えた方が早かった。
オペラグラスを使っても、
1cm程度大きく見える程度だった。
天井までいっぱいの日本武道館。
Hikkiには、祖母クラスの年齢層も見かけた。

チケット購入時の注意書きに
アリーナを購入しても数に限りがある
そのため、アリーナから外れてしまう場合もある
‥‥とあったが、どうだったのだろうか。

駅までに購入すべきもの。
帰りの切符。会場は乾燥中、ドリンク必要。
オペラグラスは貸出なのか売りなのかあったが
持っていくべきだ。
駅から会場までにあるもの。
長い階段とエスカレーター。
横浜肉まん屋台、焼きそば屋台、的屋、ダフ屋。
注意しよう。
ぴあの座席表で、
おおよその席の下見、トイレの位置は確認しよう。



19:07‥‥少し押してスタートした。

現れた歌姫は、
ブルーのジャンスカに(見えた)
焦げ茶色シースルー風シャツに(見えた)
ブルーグレーに見えたヒールがある少しハード目なブーツ。
ご挨拶かわりの「光」でスタートした。
総立ちだった。

シンプルな舞台セットに
照明は海外音楽番組に見たような動きあるもの。
目に楽しい色合いと、華やかさなデザインが揺れた。

2曲目「Travering」が始まると
皆、歓声を更にあげ会場全体が揺れた。

3曲目「Letter」は好きな歌で
ライブでぜひ聞きたかった。
この出だしでGuiterコンさんがミスる(笑)
「会場にこんなにいっぱい人が詰まっているのは
どれ以来だろうか‥‥」と私と同じ事を考えて
回想してしまったのか。

2曲程、Hikkiがしゃがみこむほど
間違えを認めたものがあったが
このハプニングは、3日を見た人だけの記録だ。
1曲程、Hikkiが間違えた自分を多分超えた‥‥?
間違えを探してきたわけじゃない。

今日らしいHikkiより、
メロディに忠実に私の正しい姿を見てもらい
そんな雰囲気に
真面目さ感じ、初々しいアーチストに感じられた。
売上げも認知度も高く、キャラクターもあり、
大人とも対等に自分の音を出していける加減、
以前、「うたばん」ゲスト時、FANだった
V6の岡田に「お金ならあるよ」と言ってしまう
照れから来る不器用さ(爆)

日本は、のし上り成功を収めると
欠点を探してののしるほどの裏返しを見せる場合が多い。
芸能ニュースを見ていても感じるだろう。
「そんなこといいじゃないか」と言えることまで書かれてしまう。

ピンでステージに立ち、
経験をつんだ頼れるBANDはいるが
自分のお客様が
楽しんでくれるだろうか。
喜んでくれるだろうか。
失敗したらどうしよう。
「MCはしないで歌だけ歌うと決めてたけど喋りたい」
そんな内面を出してしまうHikkiは、
等身大の21歳であり、喜びを隠せない無邪気さ、
人間らしい部分を正直に出してしまうところは
すごくかわいらしい。



声援は、アイドルにある野太い声あり。

揃って、構えもポーズも、ハッピも鉢巻きもないが。

始めの頃、1F席FANの「おかえり!」に
「ただいま!」と返す。

「嘘みたいなI LOVE YOU」辺りで
前方アリーナ席男性が
「I LOVE YOU!」と叫ぶ。
それに「I LOVE YOU,TOO!」と返す。
多分有頂天だろう。

「しない」と決めてたMCで、
OnTime♪「豆まきについて」話した。
日本武道館は、豆まきを許してくれなかった。
豆まきたかったようだ。
「声だけで鬼なんて吹き飛ばしちゃえ!」
結局、"鬼は外~♪"と会場が揺れることなかった。

アンコール前のMCで、
「ええぃい!うるさい~!」とHikki叫ぶ。
会場全体から「ぇぇえええ!」
「いいとも」のテレショの最後のようだ。

ANも終盤。私よりも後方、
だから天井近くから、
今日一番の野太い「やだ~!」が響く。
天井近くは堪え笑いだった。
衣装の白いスカートに
「ねぇ短過ぎない? 大丈夫? まいい、サービスだ!」
ファンに聞いてしまう。



ライブスタートから目に入ってくる
シルエットがスーパーモデル張りのスタイル。


あれは男性? 頭小さくてスレンダー。
足の長さを理解してるかのような
更に長く見せるスラックス。
今迄のBASSISTにはない印象だった。
演奏も力強くとにかく格好いいのだ。

メンバー紹介の時に、
Hikkiが最後に紹介したその人は女性だった。
「今回、惚れそうです」と告白までされた。
Me Tooだった。



セットリストは、分かるのだが
まだライブに行かれる方のために伏せておこう。
全20曲。中にはアレンジがHR風になっていて
凄まじいグルーヴに巻き込まれた。

衣装も、最初のブルー‥‥
2つ目はピンク‥‥
ANではグリーン‥‥
自然のイメージか?
ピンクの衣装着替時、
リハで撮影されたVが流れた。
ライブに行けない人でも数日後の音楽誌で
目に触れることだろう。


GOODSにパンフはなく、入口で
新車リーフレットにあるような大きなカラーを手渡される。
掲載写真はリハ風景を撮影したもの。
衣装着替中に流れたVは、会場のみで見れるのか‥。
Hikki Officialで更新されている。
‥‥他、
携帯画面吹ホルダー、ネックストラップ、四角 缶バッヂ(2個set)、
ポスター、ステッカー(B5)、Tシャツ5色位あったと思う。
(ヒカルの5写真やロゴの入ったもの)
これまでのCDとDVD等も販売。
武道館外で、ライブ会場に入れなくても購入可能。

21:30を回る頃、終演。
駅まで20分近くかかって辿り着いた。
急がず、余韻に浸り、
トイレでもいってもいいくらいだ。



-------
空を見上げ、姿見えない飛行機音 振動を感じる。

自衛隊が海外派遣された頃から、
飛び立つ前後は、早朝夜明けまえからうるさかった。
最近は昼間も響く。
警戒だけじゃないだろうけど。
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-02-06 12:28 | 音泉
<< 狂牛病。 音泉回転。 >>