excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スカポンタス

絶対にライブバンドとしては成長する!
してくれると感じたバンドだ。

久々に「キタッ!」

スカポンタスは平均23歳。
大阪の元気っ子たちのスカバンド。
大所帯のバンド。
ホーンに女子が混じってるのだが
その力強さとパワーは
前へ前へと突き出していくエネルギーとなり
会場に降り注いだ。
自然にからだが動いていく。
躍動感は私だけじゃなく
壁や天井、床に跳ね返って
会場に詰まった人たちの体を揺らした。

キュートボーイな
バンマスのセンスのいいSAXで
アプローチしてくる。
メンバー一人一人の
個性や元気アピール。
笑顔があふれているのはステージから。
楽しく演奏して興奮するスカポン
その熱が伝わってくる。

飛び込んでくる!

動く!

回る!

跳ねる!

初期スカパラのライブで凄い踊り狂った
人たちとアリーナで騒いだ思い出。

あんな頃のファンと同じ様のファンが
センターを占領していく。
熱した石のように跳ねてかち当たって
また弾けて飛び火してまた跳ねて。
そんな繰り返しが会場中に伝染していく。

彼らのライブを見た後に
どうしても聴き返したい曲があってCD屋に
立ち寄って在庫が足りてない所から
2枚のマキシを手にいれた。

家に帰り独占的体制で
スカポンタスに挑む。

これではない。
きっとあのアルバムに入っているんだ。

それとライブでもやっている曲があったが
ライブハウスであのパフォーマンス。
魅力の余韻にひたりながら
またライブを見たいと思う。

ライブ感を伝えるような
一発録りアルバムが出たらな
と期待してる。

久しぶりに心が跳ねたから
ここに残しておく。

追伸:
ちゃんと見たい人のことは気遣って跳ねたまえ。
足を踏まれ、背中を突き飛ばされた人の不快な顔。
スカポンタスの為にマナー守って悪いイメージをなくしていこう。
スカパラも初期は、マナー悪かったなぁー(>_<)

スカポンinds HPはもうすぐ消えてしまう‥
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-07-08 00:53 | 音泉
<< 赤とんぼ 天の川 >>