excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シエスパ…、その後。

a0001004_15534272.jpg配管にたまる、水抜き作業をしていなかった…。
事故を想定してないで作った従業員休憩室。
もし、自分が働いていたら…、たまたま事故が起きたら。


源泉が都会に開けられた穴からガスを吐き出してる。


もしも、こんなに開発されず、道が土道路で
田畑や森林があるような土地のままだったら
渋谷温泉は、簡単だったのかもしれない。
でも温泉のプロは、都心にいないんだよ。
検証して済んだらフタをするだけかな、もし。
渋谷区松濤1丁目28-1

温泉地の知識人がいなければ、専門にしてる
大学教授って手もあったと思う。

管理会社は、プロでありながら
知らない管理はしない、見ない、勉強しない。
それが証明されたか…
シエスパ』の事件後、あんなに雑誌やメディアに踊った
温泉施設の宣伝が、パタリと聴こえなくなった。
出てくれば、その施設での問題や事故。

情報サイトに掲載されていた『シエスパ』などの施設を
関係者体験期間に、レポートした記事を思い出す。
「いい、いい♪」って、安全性とかそういう事って
情報誌には、載らないよな、って…。

可能なことが増えれば、増える程に
難しいことを抜きにして
楽しければいいの…って言ってられん。



a0001004_21403683.jpg


















やった、やらない、知らない、しない、と
言い合っているいい加減な管理の元で娯楽だといい張る。



そんな施設を安くないお金で利用させられて
命を落とすことが、まれにあるなんてね…思わないよね。

お客や従業員は、配管や温泉のプロではない。
入る前に学んでないから事故にあった…なんて誰か言ってない?
事故被害者の女性従業員、それから愛用して
リピートしてくれた常連のお客さん達の顔を思い出してほしい。

温泉に行けない都会の人へ…と愛都心だろうけど
にわか温泉施設を、お金持っているから投資して、投資させてる。


施設がいくつ都会にあるのだろう。


忘れた頃に、あっちが爆発。
こっちが住宅地で爆発。
地下鉄が爆発…なんてのはやだよ。

事故を想定してない頭が何をしようとしているのか。
大手が小さな会社へ、どう管理を依頼したのか。
その会社がサイトなど閉鎖しないとならないのか。
小さな会社が店じまいをして証拠がなくなれば
立ち消えになるような事件ではない。
絶対大丈夫って、誰が証明できるっての。

引き続き、取材して証明してほしいと願います。(_ _)

判りやすい画像だったので、あるニュース記事からお借りしました。(_ _)




(c)isono onsen

a0001004_2381096.gif



Excite : 社会ニュース
<渋谷シエスパ事故>配管つまりガス充満 水抜き作業行わず [ 10月19日 03時00分 ]
 東京都渋谷区の女性専用温泉施設「シエスパ」で今年6月、女性従業員3人が死亡した爆発事故で、爆発があった温泉くみ上げ施設のガス抜き用配管が、結露により発生したとみられる大量の水でつまっていたことが分かった。施設では配管の水抜き作業が行われていなかったことも判明、配管がつまってガスが充満し、爆発につながった疑いが初めて浮上した。警視庁は保守管理態勢に問題がなかったか関係者から詳しく事情を聴いている。
 調べでは、爆発があった施設の地下1階にはポンプ室と機械室の2室があった。源泉に含まれるメタンガスは、機械室に設置された「ガスセパレーター」でお湯から分離された後、地下のガス抜き配管を通じて本館に送られ、本館6階部分から屋外に放出される仕組みになっていた。
 専門家によると、高温の源泉からガスが分離された際、水蒸気化した水分の一部がガス抜き配管に入り込む。管内の温度が下がると水蒸気が凝結して水滴となるため、定期的に水を抜く作業が必要だという。

 関係者によると、シエスパの機械室内の配管にも複数の水抜きコックが設置されていたが、事故当時はU字形配管の底部に大量の水がたまり、管がつまってガスが抜けない状態になっていた。日ごろから水抜き作業は行われておらず、管のつまりが原因で配管内をガスが逆流して機械室内に充満、何らかの原因で火花や静電気が発生し、ガスに引火した可能性が高まっている。
 施設を運営する「ユニマットビューティーアンドスパ」(港区)は、保守管理業務を「日立ビルシステム」(千代田区)に委託。ビルシステムは受注業務のうち機械室内の全作業を「サングー」(品川区)に下請けさせていた。
 警視庁は保守点検作業の発注経緯や内容を調べているが、取材に対し日立ビルシステムは「水抜き業務は請け負っていない」と主張している。ユニマット社とサングーは「捜査中でコメント出来ない」としている。【川上晃弘、佐々木洋、古関俊樹】





[PR]
by iso_noon_sen | 2007-10-26 16:36 | 報泉
<< 8,900倍レジオネラ菌で、心... ドーハの悲劇は、いつまで続く… >>