excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

赤い糸。

10年もの年月。
あなたは忘れないでいた。
私も忘れないでいた。

忘れなければならないと思えば思うほど
あなたを忘れない自分が残る。

それが私だけではなく
あなたの心にも私が残っていたのは
運命なのだろうか。
それとも
私があなたにさよならを告げたことが
あなたにとって最悪の傷として
こすっても
新しい愛と出会っても
消し去れなかったのだろうか。

何度も離れた。
だけど一度も嫌いになったのではなかった。
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-04-25 20:04 | 心泉

ぷーぷーさんだる。

最近、小さな子供が車に巻き込まれて亡くなる事件が目立つ。
それも近親者が、その事故を起こしてしまう。
アクターケアが必要だ。
自分が代わってあげたい、と背中をまるくしている姿を浮かべてしまう。

事故を起こさない為には、どうしたら良いのだろうか。

今始まった事故ではない。
メーカーは、どのように考え、対策を施しているのだろう。
一向にニュースでは、事故の生々しさや
当事者の心痛を大きく大きく取り上げるが
メーカーに対しての取材が少ないと感じる。
当事者の心痛は、気持ちを自分に置き換えれば
言葉に出来ない気持ちは伝わってくるものだ。
どうして、視点をかえていかないのだろうか。

ぷーぷーサンダルという物が昔あった。
歩く度に、かかとがサンダルを踏む度に、
ぷーぷーとなるサンダルだ。
最近はまったく見かけなくなった。
自分もかつてこのサンダルをはいて、あんよを覚え
歩けば鳴る楽しさにたくさん歩いたものだ。

なぜこのぷーぷーサンダルが消えたのだろうか。

これは、歩きはじめの子供が歩く楽しさを感じながら
歩みを進め、足を育てる道具であり、
また、小さな小さな子供が、どんな所に入り込んでも
「ぷーぷー」と動けば鳴るサンダルによって
居場所が判る物でもある。

ビニルで作られている。
足の皮膚が弱い、小さい子の足はすぐに育つ為
大きめの物を履かせたりしたことで、こすれてかぶれて、と
子供は泣く、親も手当てが大変。
音がうるさいから。
どんな理由で、ぷーぷーサンダルが消えたのか知りたい。

反響物があれば、かなり大きな音にもなる。
危険を察知できない判断力のない背丈の小さい子供が、
どこにいるのか、隠れているか、見逃してしまう命。
大人が確認する物を作らないといけないのではないか。

ぷーぷーサンダルを履いていたらどうだろうか。

子供を連れて、回転ドアや大人を沢山呼び込む建物では
入り口で、音で知らせるサインか、
特定場所までは、乳母車や歩行器のようなもので入場させるとか、
親がだっこをする。係員に手を繋いで入ってもらう。
アトラクション入り口のような対応があってもいいと思う。

子供に常識を押し付けても意味はない。
子供が2人3人といる母親に全部を抱っこしろといっても無理だ。
子供だけでなく、荷物も普通じゃないのだ。
子供が少なくなっているからいいだろう、の気持ちはなくしてほしい。
子供だけでなく、ご年配者にも
優しい本当のエコを進化した都会になくてはならない。

夢を与える社会。
誰に夢を与える社会?
多くの人ではなく自分のみの夢?
エコは、エゴ?
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-04-25 18:27 | 論泉

グレープフルーツ。

食べごろのグレープフルーツを買う。
カルフォルニア産。太陽のめぐみだ。
みずみずしく、いびつな丸みだが、
イメージが口の中いっぱいになった。

仕事に熱中し、締切りに追われてばかりいると
買ったところで満足し、時間がないことを言い訳にして、
サプリメントでごまかす。
絶対に鮮度のいい食材を食べて、
それに不足している栄養素をサプリメントで補うのが
本当のあり方だと判っている。

だが、時間は、頬に、手の甲、洋服、デスクに果汁のはねを飛ばしながら
ゆっくりと栄養を吸収する猶予を与えてくれやしない。
まて。
これも言い訳だろう。

しきりに健康、健康と口にしているだけの人はいっぱいいる。
実際、しっかりとぬかりなく健康体でいる人は世界で何人いるだろう。

数年前に、トマトが食べられなくなった。

学生時代は、野菜をてんこ盛りにして何でも食べたくらいだった私が
いつの間にか、生のトマトがすっぱくて食べられなくなった。
コンビニのお弁当も、塩辛くてとてもじゃないが食べられない。
だが、実際はそんな味じゃなくて自分の味覚障害が起きていたのだ。
小さい波紋を起こしそうだから原因は言わない。

現在、まだ少し、すっぱくて、大粒の梅干を口にしたような顔で食べる。
コンビニのお弁当はあれ以来、障害は出なかった。

手が黄色くなるくらい食べたみかんや柑橘類。
あの時代ほど食べない。

これまでも、イチゴ、りんご、バナナはよく食べてきたが
若いイチゴは、やはりすっぱく顔をすぼめた。
酸味の少ないバナナは頻繁に食べた。
食べるときも楽なのだ。

グレープフルーツは、ダイエットにもいいとされている。

座って仕事をしていると、腰痛になりやすい。
立ち仕事であっても、負担がかかり腰痛になりやすい。
腰辺りの血管のめぐりが悪くなるとも聞いているが
むくみがきて、腰痛になる。
痛みがなくても、お腹がこそばゆくなり
椅子に座ってられなくなる。

アロマや、香水でもグレープフルーツはその効果を上げるといわれている。

いい季節だし、食べて取ろう。
顔をすぼめて、すっぱいすっぱいと食べた。
もう数日そうしている。

食べなくなっていくと、ただのイメージだけで体内が対応しないのだろうか。

年齢も行くと体液や唾液がねばりやすくなり
五感も衰えていくのだから仕方ないかもしれないが
食べて栄養補給していかないと、
何でも辛い思いをして食べていかないとならないのではないか。
そんな風になるのではないかと感じた。

不安になる。

祖父母が、面倒な皮の厚い夏みかんを、しわしわの細い手で
力いっぱい入れて、皮をむいて夏みかんを
縁側で、休みながら時間をかけて食べていた。
硬いとも、食べるのが大変だとも言わず
おいしい、おいしいと食べてたのを思い出す。

今のままでは、あんな風に年老いて食べられなくなり、
ポケットから、タブレットやサプリメントを何粒か出し
宇宙食のような簡単だが、味気ない、楽しい彩もない食生活が
待っているようで、寒くなった。

抗菌ばかりしているのもまずいと感じたが
手間をかけないで、暮らしていくのもまずいな。

食品問題が多い時代におかれて
いろんなことに気づいたり、感じたりだ。
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-04-06 04:58 | 食泉

機密費15億円の行方。

小泉総理の年俸が701万円アップするそうだ。
4165円に701万円。
それ以外に領収書なしで機密費を15億円。
すべて税金だ。
見積書を出してほしい。
こんなに国が赤字で「痛みがDO NO~」という彼。

それでいて国民は税込表示。
便乗値上げでてんやわんやしている。
便乗額は数円~の世界。
税金を上げた時に国民に幾ら税金を払ってるか
にぶらせる為に、表示させるようにしたのかと疑うよ。

減らしてほしい。
どんな詳細でその金額分値上がるのか不明。
私達は申告をしている。
税金にぶら下がっている政治?
内輪もめはアフター5にどうぞ。

政治家の使い込みだの、世の中での使い込み。
そんな事件で使い込んでしまった罪を償うその人は
弁償をしているのだろか。
決まりを作ると都合が悪いから規則を作らないのでは。

国民保険のお金を使うだけ使って
擦り合う「ただ雇われただけで責任はない」という人の
経営はどうだったのだろうか。
自分がどういう位置にいて、どう見られるかという
意識のなさにも情けないものだ。

毎日国民がまじめに収めてきたお金について
行き場不明な現実ばかり報道され、
どう上手に習っていくか放送されているが、
結局はその金額を支払うしかないの?
また支払わない選択をしている者に督促して
強制的に財産を差し押さえるのはどうかと思う。
私は払っている。
だが微々たるお金の中から出し
生活は枯れていくだけだ。
何のために働いているのだろうか。
保険のために働いて、病気になり、
保険をもらう為に生きているのだろうか。

各家庭の状況から考えると
物価が下がって、家賃が下がって、
保険の金額も下がっていくものじゃないのかと感じる。
もう戻れないの?
自分の首をしめる一方。
企業も首がしまる一方じゃない?
もう悲鳴が聞こえているじゃないか。
今始まったことではない。

20~35までは必死に年金を少し高額でも収めれば
年金生活を約束ことにしてくれたらいいのに。
35からは家族をもったのでその分払う、や
民間の保険を買うとか、そういう選択性にすればいいのではないか。

次の総理がほしいから、給料を上げるのかと疑う。

総理は、何か公約して、それを成し遂げたら
ボーナスとして一定額の報酬をもらうようにする。
政治家もそうしていくならば、自分の決めた選挙時の公約を
きちんと成し遂げてくれるのではないだろうか。
そんなにもらってちゃ何も国民の痛みもわからないし
国が赤字なのも実感わかないのでは。
我慢して従い、涙で何かを謝罪している姿ばかり。
本当はどうなの?

微々たるしあわせをもしも奪われたら
格好だけで繰りげられた
それ等の為にわが母国が支援を請うことにまでにならないのか。
最悪の現場を想像して、今あるうちに考えてほしい。

本当に未来の私達の子孫の為に考えているのだろうか。
税金だけでない疑問や不安だらけに皆でNOを言えないのだろうか。
黙って従うだけでいいのだろうか。
自殺する人をただ見送るだけでいいのだろうか。

豊かな日本を自分達で枯らしてしまうのではないかと不安です。
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-04-03 06:56 | 論泉