excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

サービスエースは絶対に落とすな!

昨年暮れに続いて
今期最強チームと呼ばれるバレーボールを観戦した。


辞任・・・田中監督だけが悪いのだろうか。

凄極腕の選手が集まった選手達を生かすための
何かが足らない。
それは素人にも感づいてしまう。

その「何か」を探求してないようだ。


メンタル面にマイナスが出る。
チェンジせずに、
そのままコートで立ち上がるのを待つ
そんな時代は終わった。

メンタルコーチがいないといけないのではないだろうか。

後半の山本隆弘選手は痛かった。
フランスとの対戦でのあの楽しそうな顔。
ラリーまであった。
笑顔も溢れ、自分達のバレーをしていた。
そして結果を生んだ。
最後は負けてしまったが、あの顔は忘れてはならない。

韓国での甲斐選手も最高に生きたバレー
自分らしい最大の力を出したバレーをしていた。

フジテレビのカメラマンは
最高の顔と最低の心境を顔に出した選手を
たくさん捕らえた。

細川延由の存在の有難みをファンも感じていた。

暮れの試合は、加藤陽一選手
目だって輝いていたように記憶する。
自分のバレーと、そのチームに対する声を
かけて守り立てる姿。

私の中で春バレで
ノブコフ(齋藤信治)ヤマコフ(山村宏太)も愛すべき選手となった。

阿部裕太ももっと活躍してほしかった。

小林敦の強さも、今期で理解できた。
リーダーとして選ばれただけある存在だ。

マルコスが入って、雰囲気も一層した。
普通ではあまり低く感じない背の高さだが
あの中では、背の高さを感じさせたが
ノブコフと同じ頭の位置、並んでブロックするジャンプ力、
攻撃に激を入れるあの雄たけび。
らっしゃい!な甲斐(祐之)も彼女の為にジャンプ!アタック!

今回は、惜しい、残念、あと一息。
そんな言葉ではすまない。
煮え切らない試合が続いた。
ファンだけじゃなく選手も痛いほど感じてるはず。



トレーナーも十分な腕を持つ最高の顔ぶれが必要だ。

サッカーやアメフトなど格闘的スポーツのトレーナーは
回復を早めたり、最高のサポートをしているように
感じるのはなぜだろうか。


バレーボールはそれほど人気がない」

なんていっているからいけなんだ。(誰だ?!)
日本を代表するスポーツ、バレーボール!!!


監督もすぐに
「今期で辞任する」と退任。
これでは、また新顔監督に期待し、実験的な日本代表が
こてんぱんにのされるのを心配顔で応援するだけだ。

選手を探すのも大事だ。

選手やチームをのばし、未来ある代表チームを
育てるのは監督だけではない。

協会も
「今期が終われば自分の分担も終わるから楽になる」と
そういう気持ちでいないでほしい。
そういう気持ちではないかもしれないが、
辞めれば変わるものでもない。

「来期は俺が立ち直らせる!
 それだけの過去を痛いほど見てきたから
 絶対の自信がある!」

そんな言葉で燃えてくれる人はそばにいないのだろうか。
我慢しないで立ち上がってほしい。
恥ずかしいことではない。
一生懸命やれる仕事がその目の前にあること
それはとても恵まれたことだ。
チャンスをどんなときも大事に感じてほしい。


監督を育てよ。元監督はサポートせよ。
やり方はそれぞれ監督にあるが
基本的なところは受け継ぐべきだ。

サービスエースは絶対に落とすな!
相手に簡単に、疲れさせずにポイントはくれてやるな!


ファンだから飛ばした激だ。
これからも熱入れて応援してく。

失言あったらごめんなさい。


田中幹保を知るリンク1
田中幹保を知るリンク2
田中幹保を知るリンク3
[PR]
by iso_noon_sen | 2004-06-01 07:05 | 論泉