excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美味しくなったのかな…

以前、イギリスに旅行に行った。
初日、夜は町をうろついて夕食を食べて帰った
翌日、朝からバスで1日観光に参加したのは
イギリスの中華街でランチがあったからだった。

あの時、食べたパンチのない油ぎとぎとで
ゆるい中華料理で午後のロンドンダンジョンの
埃ともやもや空気にやられてタクシーで直帰だったなーと。
もう10年は過ぎているので、美味しくなったのかなと想った。

というより、バスツアーで選んだ中華料理店は
どの席も、多国籍なメンバーが円卓を囲んで
ランチをしていたので、店が安かったのか
その日のシェフが、どうかしていたのか…と想うべきか。

その中華料理の後に、不評なイギリス料理を
レストランで食べたら、その方がまだ美味しかったこと。

ああ、ロンドン行きたいな。

(c)isono


Excite ニュース : 中国ニュース
2010年2月11日 21時15分
英国人の好物、インド料理から中華料理へ—英紙
8日、英紙デイリー・メールによると、英国ではインド料理に代わり、中華料理が庶民に最も愛されている味であることが分かった。写真は卵チャーハン。(Record China) [ 写真拡大 ]
2010年2月8日、英紙デイリー・メールによると、英国ではインド料理に代わり、中華料理が庶民に最も愛されている味であることが分かった。環球時報の9日付の報道。
3000人を対象とした民間調査の結果、39%が「中華料理を含むオリエンタル料理が好き」と回答。食事がおいしくないことで有名なイギリスだが、実は過去の植民地から吸収した各国の本格的美味が集結しており、中でもインド料理はその代表的な存在であった。しかしこのほど、中華料理がインド料理を凌駕する結果となった。
【その他の写真】
その背景には、イギリス人のチャレンジ精神あふれる味覚、新鮮かつ未体験の味に対する抵抗感のなさがある。しかし、調査を行った機関の広報によると、「中華料理というのは定義が非常に広く、どこからどこまでが中華なのか曖昧な部分もある。よって、この結果が英国人の味覚の幅広さを示しているとも言い難い」としている。(翻訳・編集/愛玉)

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-02-11 22:50 | 食泉

ちょっとヒッかかってる‥

試合に関して感想は先程書き終えたんだけど
前半終了後に、スタジオが呼んだ本田アナという
フジの女性アナのコメントがひっかかる。

なんで女性だ、ってことはいいたくないけれど
前半を終えて、監督、選手の表情を見て
「岡田監督と後ろからきたコーチとは対話がありませんでした」
「選手は、息が荒かったです」
「どうも納得がいかない表情でした」
といった。

誰にでも判るコメントではなく、戻ってくる
選手ならではの様子を伝える為に入れたのに
インタビューするワケでもなく、変なハーフタイムだったな…と。

あんなコメントなら、カメラだけ音声オフで入れて
戻ってくる選手の表情を映したまま提供を流すのがよいでしょう。

入れるならば、サッカーの試合をしっかり理解して
インタビューに割り込める、またコメントが出来る人にしてほしい。

女子の試合もまた見たいなぁ。
先週は、夕方見れたよね。

夜中見れるんだね。


(c)isono

Excite ニュース : スポーツニュース
2月11日 21時37分 ( 2010年2月11日 21時45分更新 )
サッカー、日本3—0で香港下す 女子は2連勝で首位に
 日本—香港 前半、ドリブルで攻め込む玉田(中央)。手前は小笠原=国立競技場 [ 写真拡大 ]
 サッカーの東アジア選手権第4日は11日、男子は初優勝を狙う日本が3—0で香港を下し、通算1勝1分け、勝ち点4で中国と並んで首位に。香港は2敗。女子の日本は台湾に3—0で快勝。2連勝で勝ち点を6とし首位に立った。台湾は2連敗。日本の最終戦は男女とも韓国が相手で、2連覇を目指す女子は13日、男子は14日に対戦する。

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-02-11 22:37 | 蹴球泉

安全を守れないモグリがいるからだ。

路上でランチタイムに美味しい弁当を
手頃な価格で販売してくれるお店が増えた。

だけど、中には移動できていなくなれる
短時間で安ければ数をさばける、と
衛生も安全も信頼も守れないモグリが
ニュースにはならなくとも、いるのかと感じる。

お弁当を作る場所や仕入れなどの現場が
見えて来ないだけに、許可書を信じるしかないが
それも係がしっかり取り締まってくれないと知れない状況で
私たちはランチタイムを笑顔で過ぎてゆく。

行商のおばちゃん達も許可書持ってたんだ…なんて
今初めて想い、あの重たい積み重ねた野菜を夜明け前から
担いでやってくるだけでも手を合わせたいほどなのに。
小さな頃、「寒いねー冷たいおててだねー」と
肉厚な働いてきた大きな手で包まれたことを思い出す。

買う側からしたら、安くて適当に美味しく満腹になれば
午後の仕事頑張れる人も少なくないだろう。

夜、1杯ひっかけたい為の昼の努力だ。
女性群だって、美容投資の為に昼努力だ。

にわか商売が出来そうなくらい器用な人も増えた。
ウンチクや、キッチンに専門的な調味料やツールで
手際よく料理をして友達を持て成せる人ならば
何だか簡単に弁当商売が出来てしまいそうにも想う。

料理人だったし、でやり始めちゃう人も
このご時勢だからいるかもしれない…なんて
ちょっと考えれば浮かんできちゃうな。

美味しければヨシ、としたいが
さすがに何か衛生面で被害を受けたくはない。

正統に場所代や許可を取ってしっかりと
働いて美味しいお弁当を販売してくれている人が
かわいそうに想えてきてしまう。

社内で、またはビルの小スペースで
弁当販売をしているお店の人っていうのもいる。
その場合、営業努力でかなったレギュラーだ。
獲得した後も問題なく続くように努力もしている。
色々想うと、売る側の権利のことばかり浮かぶけれど
実際、問題にされている現場で弁当を買っていたら
自分の財布被害が一番のショックだろう。

(c)isono


Excite ニュ−ス : 社会ニュース
2010年2月11日 11時00分
【コラム】 規制強化で風前の灯? 弁当“路上販売”がピンチ

「安くて手早く食べられる弁当がほしい!」。オフィス街のビジネスマンにとって、弁当の路上販売はうれしい存在だ。ところが、千代田区、港区に続き、中央区でもこの1月から規制を強化しているという。しかし、弁当の路上販売の何が問題なのだろう?
「弁当の路上販売は、保健所に“行商”の届け出をする必要があるんです」と答えるのは中央区保健所の生活衛生課。
「“行商”とは、弁当類を人力で移行しながら販売することで、その場に留まって客待ちはできません。また細菌検査を行ったところ、6割も不良という結果が出ました。さらに近隣の飲食店の苦情もあり、客待ちなどのルールが守られていない弁当販売をなくすために規制を強化しました」
確かに、地代を払って店舗を構えている側からすれば、不公平を感じるのも無理はない。しかし、消費者にとっては複雑なものがある。何とかならないものだろうか?
「たとえば、ビル管理会社に仕出し弁当の発注などの検討をお願いしています。しかし、セキュリティ上、難しい面もあるので、私有スペースを貸し出して自動車で食料品等販売業の許可を受けた業者に入ってもらうという対応も検討いただけると望ましいのですが…。ちなみに食料品等販売業は、行商とは別の業態で、手洗い設備や食品衛生責任者の資格が必要ですが、私有地なら客待ちも問題ありません」(同)
実際に私有スペースを借りてキッチンカーを集める「ネオ屋台村」の企画・運営元のワークストア・トウキョウドゥの石澤正芳氏によれば、現実はもっと厳しいという。
「食料品等販売業ではなく調理もできる飲食店営業の許可をとって、借りたスペースの周囲を活性化させなければ、私有地など貸してくれない。ただ弁当を売るだけでは、近隣の店との軋轢は避けられません」
行商で商売を続けるのは苦しい状況にある模様。とはいえ「ネオ屋台村」型の業態変更も容易ではない。オフィス街のランチ問題は、意外に根深いようだ。
(新型 光)(R25編集部)

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-02-11 22:25 | 食泉

岡田JAPAN、3−0勝利。

寒い天候の試合に強いのはケンゴー。
お熱が出たって活躍しちゃうんだから。

後半始まってからのパスに迷い足。
あれでは、とてもじゃないけれど
得点には繋がらないよ。

迷い足禁止。
勢いで蹴りまくれ。

どうしてバランス取り直す止めが入るのかな。
もうあれで流れ止っちゃってるのに。
素敵なゴールより勢いにのった無様でもゴール欲しいよ。
その方がかっこいいよ。かっこいいさ。

見るにゃ見てたけれど、何とか同点の試合が
続いてしまっていて、今よりもましな
天候だった時に沢山稼いでいれば…。

前回の試合見てて、遠藤が前に出てくる…
ああ、中澤が前に出てきてた時と同じ
メンバーの中で苛立ち見かねて出てくる空気。
あれはメンバーのぬるさを見ててすぐ感じてしまう。

ミツオは晴天の試合のが調子いいんだよね。
闘莉王も足下に気を取られて勢いが着かない。
あったまってないよね、この寒さ。でも前のめりではないのは確か。
相太もまだ場数が足らないのでどうかな。
しなやかに泥臭い巻がいないんだよね…。

アジアの試合は、どうしてもセンターではなく
サイドに寄り集まって球の取り合いになる。
上手くそこを使っていければ取れると想うが
この天候だものね。
かわいそすぎる。

ヤット頑張れ!

こういう天候の時は、スピードスケートのような
全身タイツのウエアにしてあげたらどうだろ…なんて想う。
汗と雨、そして何だかフィット感たっぷりな代表ウエア
私の中では、あのフィット感は軽く不評なのだ。

INAが出るか。ぶちかましてくれ。

バカスカ入るようになってきたけれど
何だかもの足らない。

前半との違いを見て、岡ちゃんがジーコみたいに
何もいわず選手を煽らずだったのかな。
自分の自信より彼らを煽って着火してほしい。
後半から出てきた勢いだとしたら、また遅れ出してるね。

岡ちゃんの炎の芯が見えない。
ぼんやり揺らいでいるだけでは終ってしまうよ、岡ちゃん。

相太!なんでそのままいかないんだ!(42:08)
抜いていたのだからいけたのに!
ぶち込んでから跳ねられた後に間に合ってたんだからゆけぇ!

相太は、でか過ぎてゴールとの距離感が合わない。
高すぎるんじゃなく自分の背とゴールの距離を瞬時に感じて。
悔しがる顔を見て成長を感じてる。頑張れ相太。
玉田にばかり回す形になっちゃうといけないよね。
さすがのゴールだったけれど、大事にしたいね。
戦略あってもノーマークが敵を焦らせないと。
そういうサービスがないよね。

INA…やっぱ素敵だ。
INAのゴールみたいなぁ。

ロスタイム3分か。

3点取れたけれど、課題多いね。
アジアの庭だけなら間に合ってもな。

雪にならなくてよかったけど雪が降る前は
温かくなるからぎりで雪雲近くてもよかったかもな。
早く熱い風呂入っておくれ。

ああ、昆布茶もう1杯のもっと。

(c)isono

Excite スポーツ : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
2010年2月9日 17時00分 ( 2010年2月9日 17時40分更新 )
“岡田J”から監督孤立「もたない」鳩山政権もビックリ
自信満々なのは、岡田監督だけ? [ 写真拡大 ]
 サッカー岡田ジャパンが8日、東アジア選手権第2戦(11日・対香港)にむけて再集合した。ここ2試合、ベネズエラ、中国と格下相手に得点が奪えず引き分け。それでも、「どっちみち(14日の第3戦の)韓国戦には勝たないといけないんだから」という岡田武史監督(53)の自信はまったく揺るがない。
【「あとは精度だけ」ノーテンキ発言】
 一国の首相からサッカー代表監督まで、リーダーに大切なのは、“ブレない”こと。しかし、岡田監督は観衆2万人以上から大ブーイングを浴びた中国戦(6日)では、「こんなに素晴らしい試合をしているんだ。ゴール前まではイケている。あとはそこからの精度だけだ」とミーティングで言い放ち、選手たちを鼓舞したという。ここまでいくと、首をかしげたくなる。
 一方、肝心の選手たちは「2試合連続0−0は事実だから。もっと焦った方がいいと思う」とMF中村憲がいうように、危機感ありあり。主力を張ってきた選手たちが、自信を喪失しているのは紛れもない事実だ。
 今や、岡田ジャパンに対する周囲の目は、不満よりも不安の方が大きくなった。
 多くの代表OBは「実力も技術もこれまでの代表チームでは一番あるんだから」と前置きした上で、「岡田が孤立している気がするよ。コーチ陣を入れ替えるとかしないと、もうこのチームはもたないと思う」という声があがる。岡田ジャパンの不支持率は、鳩山政権以上に増大していることは間違いない。
 同様の声が、岡田監督を支えるはずの日本サッカー協会の内部からも聞こえてくる。
 「結果も内容も大事なのだけれど、もう1回、日本代表戦を見たいと思うようにすることも大事。今年の試合をみると、とてもそうは思えない。寒い中、応援してくれるファンの気持ちを考えると申し訳ないの一語」
 11日に対戦する香港。すでに対戦した宿敵・韓国代表は5−0と圧勝した。岡田ジャパンも昨年11月18日のアジア杯予選で4−0と完勝したが、「あの時と違い、香港もメンバーを入れ替えていますからね」と関係者の不安は尽きない。
 その不安を一掃するのはゴールしかないのだが、選手たちから聞こえてくるのは「もっと楽しいサッカーがしたい」という声。香港戦で5ゴール以上奪わないと、得失点差で韓国代表より上にはいけない。
 「(今回は)ホーム、そして1度も日本は優勝していないから勝ちに行きます」と必勝宣言している岡田監督。しかし、今の岡田ジャパンが5ゴールも奪えるのか? その問いに、残念ながら誰もが首を横に振るのが、現実である。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

[PR]
by iso_noon_sen | 2010-02-11 21:21 | 蹴球泉