excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:フィギュア ( 2 ) タグの人気記事

美姫、フリー棄権だそうな…。

ネットに、アクセスしていると色んな結果が
見るより先に入ってくるのが良くも悪くもある。

この棄権は、先ほどのゴールデンタイムに
見ていたショートを見ていても心配があった。

ステップの踏ん張りが、いつもと違ってたし
顔も体も、かなり絞込んだ様子でいて
その体重の軽さで、ステップがするするとした
ゆるくて滑らかな仕上がりにしたのか。

ああしていくのかな?

と、疑問を感じていたのです。
今までの、誰にも真似出来ない情熱的な
演技を、また見たいもの。

ある女子選手が、大輔の影響を受けて
ステップや衣装が似ているような…(-_-)

やっぱさ、日本人はチャンカチャンカ♪の
盆踊りなどの小刻みステップが根にあるから
外国人のスロースロークイッククイックには
真似できないところがあるのかもなあぁ。

早く取り戻せるといいね。
キム・ヨナも完治するまで大事にしてほしいな。


(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif


Excite : スポーツニュース
安藤、フリーを棄権へ 世界フィギュア前に筋断裂 [ 03月21日 00時47分 ] 共同通信
【イエーテボリ(スウェーデン)20日共同】フィギュアスケートの世界選手権で女子2連覇が懸かる安藤美姫(トヨタ自動車)を指導するニコライ・モロゾフ・コーチは20日、当地で「美姫は左脚の故障が深刻なので夜(日本時間21日早朝)のフリーは滑らない」と棄権させる考えを明らかにした。安藤はこの日午前の公式練習を左脚の異常で切り上げていた。


[PR]
by iso_noon_sen | 2008-03-21 03:34 | 競技泉

銀板の女王は、やはり姫が取ったか!

結果が出てしまって、それを見てしまって
ちょっと悔しい気持ちでいるのだけど
これから、ご飯を食べながら見るとします(トホホ)

昨日のスケーティングは、安定して良い出来だった。
安藤美姫の最後の笑顔を見る前に
私の心は動いていた。
会場も同じくらいから心を動かされていた。

あの悪夢のステージでは、どこを見ても
心配で落ち着かなくて危なっかしい踏み切りと
滑りであったが、成長を感じさせる滑りだった。
精神的にも、気持ちも、しっかりした軸を持ち
堂々とした滑りであった。

その後、登場した真央ちゃん。
1年で身長が8cmも伸びたことで足がより長なり
可憐でまだ少女のあどけなさがあり
妖精のようだった。体系が変わってきて
体の軸がやっぱり難しくなって転んでいたが
真央ちゃんもまた余裕の滑りだった。

安藤は高校から大学へ。
真央ちゃんは中学から高校へ。
女の子の変化時なので大変だったと思う。

早く乗り越えられて良かった。

織田くんも泣かなかったものね。
大人になったなーと思う。
本心は、あのくしゃくしゃの顔で泣く顔を
再び見たかったのだけどw

芸能界を引退し、スケート1本に絞った舞ちゃん
滑りは、安定していたけれど心が焦る感じが
見ている方に伝わってきた。
久しぶりの舞台に対する緊張感。
よく頑張ったと思う。
妹想いなお姉さんらしい発言にうるうるしてた。
応援してますよー。

成長そどきの時なので
二人が共にいい歩みが出来、
素晴らしい選手になってくれることを祈っています。

荒川静香のコメントも凄く良い。
協会があんな騒ぎになって、迷惑をかけた大人たちへ。
この落ち着きがカバーしてることに感謝してほしいものだ。



(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif


Excite エキサイト : スポーツニュース
安藤が初優勝、浅田真央3位 スケートアメリカ [ 10月29日 11時31分 ]共同通信
【ハートフォード(米コネティカット州)28日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカ最終日は28日、当地のシビックセンターで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位のトリノ五輪代表、安藤美姫(トヨタ自動車)がほぼノーミスの演技でフリー1位と逆転し、歴代3位の合計192・59点でGP初優勝を飾った。
 SP首位で昨季のGPファイナル覇者、浅田真央(愛知・中京大中京高)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを失敗し、フリー4位の合計171・23点で3位に終わった。昨季の世界女王、キミー・マイズナー(米国)が177・78点で2位。浅田舞(愛知・東海学園高)は6位だった。


[PR]
by iso_noon_sen | 2006-10-29 19:17 | 競技泉