excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:リフォーム ( 2 ) タグの人気記事

続・押売リフォーム。

書いた翌日、テレビで報道が変わった。
多くの人が同じように感じているのが嬉しかった。

NHKでは、どう注意すべきか
再確認をするようにと項目を挙げていた。
ニュースでは、相談会があることを
紹介していたが、早すぎてメモを
探している間に消えてしまった。
関西の法律事務所が仕切ってるらしく
あべの法律事務所と書かれてたかな。
定かではなくすみません。
そこに電話すれば、次回どの地域で
何時~何時まで、この電話番号にて対応している。
と教えてくれるそうだ。

それから、コメンテーターが、
各地域の福祉協議会で、
ご年配で対応が難しく心配な方の
相談相手になり、大切な書類などの管理も
してくれるという話をしていた。
こういうの知らない人には吉報だが、
またもやこういう手口で書類詐欺も出てきそうで怖い。
本当に注意して戴きたい。
訪ねてきた怪しい人よりも面倒でも、
まずご自分の足で役所に行き、
目の前で、もしくはその日にすぐ
紹介してもらい、顔を会わせることも大切ですね。

知らなかった情報だったので覚えておこうと思った。

協議会や役所も、反応して待つだけじゃなく
民生委員に依頼して回ってもらうなど
対応してくれる動きがあるのかも、
報道で聞けるといいですね。

報じるだけ、報じてるまで。
言われるだけ、言われてるまで。
シナプスがうまく伝達されてない。

税金はうまく使われてないようだ。


みんなが災害地に寄付したお金を
皆困っている現状を無視して
役所が次回の災害の為に貯金するといった地域は
あのお金どうしたんでしょうね。
もう別のことで使っちゃったか確かめたいですね。

ニュース写し最後の次回相談案内あります。


人気blogランキング

Excite エキサイト : 社会ニュース
<悪質リフォーム>「被害110番」に相談が次々 [ 07月02日 20時20分 ]
 お年寄りなどを狙った悪質訪問リフォーム問題の被害相談を電話で受ける「悪質リフォーム・欠陥住宅被害110番」が2日、東京など全国11カ所で行われた。弁護士や建築士らでつくる「欠陥住宅被害全国連絡協議会」(欠陥住宅全国ネット)が実施。東京では63件の相談が寄せられ、警視庁が摘発したサムニングループによる相談も10件あった。
 東京都千代田区にある事務所では、弁護士や建築士延べ16人が午前10時から午後4時まで対応した。相談した神奈川県に住む70代の夫妻は、サムニンイーストと03年4~5月、屋根や床下、浴室のリフォームを契約し、780万円を支払った。夫妻は、警視庁が逮捕した容疑者が担当者だったことを知り、「工事が必要だったか疑問。現状を建築士に見てほしい」と相談を寄せた。
 ネットの関東地域担当の事務局長、谷合周三弁護士は「相談が特定の業者に集中した場合は損害賠償訴訟を視野に対応を検討する」と話した。【鳴海崇】


 3日以降の実施日時と電話番号は次の通り。
 【甲信越】新潟7月24日(10~15時、電話番号未定)▽長野8月31日(10~12時、026・232・2104、0263・35・8501)
 【中国】岡山7月9日(10~16時、086・224・4620または4621)
 【九州】北九州7月4日(13~16時、093・582・0640)




[PR]
by iso_noon_sen | 2005-07-02 22:11 | 報泉

押売リフォーム。

ニュースには、数字が出てるが、もっといるはずだ。


逮捕されたのも一部だ。
まだ序章に過ぎない。

時間がかかりすぎている
リフォームの押売人逮捕。
あんなに報道されているのに今頃やっとか。

変な住宅を売りつけた業者は、名前を変えて
同じような詐欺でまたどこかで誰かを騙している。
なぜ捕まえられないのか疑問だ。
警察はプロではないのだろうか。


リフォームだけでない。


NTTを装って夜遅くなって上がり込む
妙な電話売りも世の中にいる。
NTT関係の苦情はオレンジカウンターというのがある。
リフォーム関連でないのか?
ご年配を狙った詐欺は多い。
これをどう防ぐかを考える人はない。

対話をしないで暮らしている人が
お世辞ややさしい言葉で話し相手になってくれる。

私は商店街で買い物をする。
ベンチに座り、一休みするご年配と話す。
初めて会った私に警戒心はない。
だからお話ができたのだ。
うれしかった。
話かけられた相手が警戒心の塊であれば
こういった交流は生まれない。



自分でできる家の修理と模様がえ―写真とイラストでプロセスがわかる
DIYグループ「楽楽工房」 / 成美堂出版
スコア選択: ★★★★
かなり詳しいそうだ。









書店で、自分で家を修理する書籍があった。


意外と判りやすく自分でも出来そうな感じだった。
出来ないにしても、本や情報、区報、ラジオなどで
もっと積極的に大勢の耳に入り、
聞いているだけで、見てるだけで覚えられ
対策できるような情報網があったほうがいい。

書店で趣味の棚で見つけられなければ、
この本とも出合わない。
教育テレビのDIYでもし、リフォーム詐欺や
トラブルQ&Aが流れていたとしても
気をつけてないと見たい番組も忘れてしまう。


CMでやってもいいんではないか。


ジャロってどうじゃろ?
子供の頃からひつこく耳にしていたから覚えている。
こういう僅かな習慣も大事だと思う。

ご年配だけでなく、安心して生活できる町に
昔の懐かしいいい時代の日本に戻したいですね。

ご年配が多い日本。
不況で手に取れる金額が入らない日本。
苦しみの為、欲の為に弱者を食い物にする日本。
見てくれだけで安泰を装う日本。
疑う目ばかり育つ日本。


何もなかった時代でもしあわせだった日本。


ご年配が働き盛りだった時代が
私にはしあわせでいい時代に感じる。
エアコンがなくて、木枠の網戸をつけ
窓を全快にしてビールを飲む父親。
母親は浴衣を着て、子供たちは
網戸にとまったカブトムシを捕まえる。

今となっては贅沢な暮らし。
あの頃はありふれた暮らし。
失ったことがあまりにも多すぎる。


わが家のリフォーム実例&工夫1000―参考予算つき
主婦の友社 / 主婦の友社
スコア選択: ★★★★
まず勉強しよう








押売りなんてのも懐かしい。


寅さんのような風貌で玄関に座り込む男。
パンツのゴムヒモを売る時代でもない。
かわいいもんだよ。
あんなの漫画でしか出会えない。

リフォーム業者も悪質は一部だろう。
真面目に正当にやっている会社は大変だろう。
リフォーム業者が営業が大変だろう。
ドアを開けてくれない家が増える。


正当でも高額であるから判断ができない。


毎日感じている。
一部の悪事で大勢が苦しい立場に追い込まれてる。

リフォームスタッフにも、検定など出来て
しっかりと資格を求められる時代になるのだろうか。
(既にあるのだろうか?)

ドアを開けない。
家に上げない。
点検はさせない。

家が倒れると言われたら
倒れたら新居を探すからいらないと
断固として断ろう。

それから老人ホームで…。
養護ではないホームでボケると退所させられるそうだ。
そうなると自宅で一人で暮らすしかない。
養護老人ホームとの連携も必要ではないのだろうか。

病院施設で3ヶ月以上はおいておけないと
病状がどんなでも退院させられる。
退院させられる前に自分で別の病院を探さないとならない。
そして自分でその病院に移ることになる。

タクシーに体が硬くなったご年配を押し込んで
長い距離をタクシーに乗せる。
トイレに寄るようになると介護慣れてないと大変なのだ。
この連携もほしいところだ。

介護病院に移転したところの医者が不慣れで
きちんとご老人を一人ずつ状況を見てなかった為に
ひどいことになって病院に移送ということもあった。
医者は何も言えないご老人に自分の落ち度をなすりつけた。
ここで名前を挙げたいくらいだ。


ホローされたい部分にやさしさがない。


歩けたご老人が車椅子を使わされ歩けなくなってしまう。
食事や体操の時間までテレビを見て何も話をしない。
税金、年金、介護保険を支払わされても
十分な対応をしてもらえなくて家族もとても
悲しい将来を今、自分の両親の手を取って感じている。

リフォームからそれたが、
認知性患者が家に一人で暮らすことは
こういう事態になると考えれば判ることだ。

やっぱり税金や支払ってきたお金を使い込まれてるお陰で
上積みされて、それでも苦しい生活を強いられていることを
本当に痛み痛みってあの人たちは全然痛そうじゃないし。

身内を祭り上げる方向に進んだら、
吼えた人にイエローカードを提示して聞かなければ
時間も国民の税金だから退場、減点してくれ。

夏風邪でまとめられない‥。


人気blogランキング




Excite エキサイト : 社会ニュース
<悪徳リフォーム>狙った高齢者宅にマーク 同業者に伝える [ 06月30日 15時00分 ]
 「サムニンイースト」幹部らによるリフォーム詐欺事件で、同社の訪問販売員らは狙いをつけた高齢者宅の電気メーターなどに、鉛筆で星マークを書き残していたことが分かった。サムニングループ内で「OKマーク」と呼ばれ、契約の可能性が高い顧客であることを仲間に伝える目的で付けていた。警視庁生活経済課は、感触の良い高齢者宅を、販売員らが次々に訪問しては強引な契約を重ねていた同グループの悪質なやり口を示すものとみて、追及する。【合田月美】
 関係者によると、サムニンイーストとサムニンウエストの販売員は、独り暮らしの高齢者宅や、家族と同居していても日中は一人で留守を預かっている高齢者を狙って営業していた。狙いをつけると、「近くに仕事で来たが、通りかかったら気になることがあった」などと言って訪問。倒産した大手住宅外装会社の顧客名簿を基に「うちがアフターケアすることになっている」と訪ねてくることもあった。
 高齢者が断っても、「無料だから」「すぐに済むから」と説き伏せ、家に入ると天井裏をのぞき「えーっ、これはひどい」「わー、これは驚いた」などと大げさに叫んでみせる。さらに天井裏や床下に30分以上入り込み、ほこりだらけになってから姿を見せて信頼させ、言葉巧みに契約を取りつけるのが典型的な手口という。
 販売員は、こうして契約に成功したり、感触の良かった高齢者宅を仲間に知らせるため、玄関近くにある電気メーターやガスメーター、扉に星マークを書き残していた。このマークを目印に、グループの別の販売員らが次々と訪問。まず屋根改修工事を契約した被害者の場合、「上司」「技術担当」「営業担当」などを名乗る販売員が代わる代わる訪れ、「ついでに見ます」と床下を点検、「水漏れしている」と床下補強工事を契約させられたという。
 サムニンイーストは住宅リフォームのほか、布団なども販売していた。東京都消費者センターによると、同社が床下補強工事を終えた後、同社の別の販売員に床下換気扇、じゅうたん、布団、磁気マットレスなどを次々と買わされた被害者もいるという。同センターが依頼した建築士らの調査では、指で触っただけで床下補強材が倒れるようなでたらめな工事も少なくなかった。
 高齢の被害者には、認知症の人も多い。数百万円の被害に遭ったある男性は、被害を説明された後でも、販売員について「親切ないい人だったよ」と話しているという。




[PR]
by iso_noon_sen | 2005-06-30 17:26 | 報泉