excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:警報 ( 2 ) タグの人気記事

心配だね、スマトラM7.9

サッカーを見る前に、目に入った地震報道。

スマトラ沖、M7.9。
今日の日本国内の報道は、安倍首相の辞任に
注目してしまって、1つもまだテレビで聞いてない。
大丈夫なんだろうか。

日本への影響はないにしても、働いている日本人はいる。
家族がそれを知らないで、何か起きてから知るのは
ちょっとよろしくないと思ってしまうわ。

もうあんな怖い映像みたくない。
みんな、無事であってほしいね。


(c)isono onsen


a0001004_2381096.gif



Excite エキサイト : 国際ニュース
スマトラ沖でM7・9の地震 インドネシアで、津波警報も [ 09月12日 21時41分 ] 共同通信
【メダン(インドネシア・スマトラ島)12日共同】米地質調査所によると、インドネシア・スマトラ島南部沖のインド洋で日本時間12日午後8時10分)ごろ、マグニチュード(M)7・9の地震があった。インドネシア気象庁は津波警報を発令、警戒を呼び掛けた。日本の気象庁は、インド洋の広い範囲で「破壊的な」津波が起きる可能性があるとの情報を出した。日本への影響はないとしている。

[PR]
by iso_noon_sen | 2007-09-12 23:23 | 天災泉

千島列島・東方M8.2…。

こっちの火山活動の心配もあるけれど
多くないか?
忘れた頃にやっては来ているけれど
思い出せるほどの過去にあったと感じる。

津波警報や、地震速報のシステム強化をしたせいか
本当に長くリアルに、画面を邪魔するように
報じ続けていた速報は、ニュージックフェアの
歌のシーンを邪魔するように流れ続けた。

中村 中の歌よかったのにな…。
岩崎宏美、太田裕美も良かったよ。
やっぱり歌が安心して聴けるちゃんとした人たち。

週末だけにニュースの時間がなく
途中の「ピンポーン」の速報音だけ。
番組を中断すれば、災害速報なのに
お叱りを受けるだろうし(外に出ないけど)。
子供に想像力がないというが
大人もそうだからね。多いよ。
自分さえ良ければ、自分は大丈夫の先がない。
欠けた鉛筆だね。

長い帯で記された注意報,警報。
何もなくて良かったんだから良い。
何か起きてから、速報が遅かった、短かった、誤報だった
では、許されないことなので
ご立腹せずおさめて、優しい気持ちになろうよ。

警報を出して、見回り、見守り
緊張の仕事をしている人に感謝。

北海道の地震、震度3だったでしょ。
でも震源地は、M8.2。
それで津波警報が近畿地方まで
帯が繋げられることが今回だけじゃなく
過去の地震が本当に、たまーーーに来る頃よりか
遥かに回数は増えて、遠方の地震が
列島を揺らしていることに危機を感じよう。

同じプレート、重なるプレートの上の意識。
津波は50cm程度でも、1時間後に
大きな津波を連れてくることがある。
波乗りなんて、暢気にしてると
人に教えにいく間もなく命をさらわれる。
興味本位で見にいかず、避難準備をしておこう。

新潟の大地震の時に、速報数分後に
東京でその半分ほどの揺れが起きる怖さを
今でも覚えているのだ。
逆もあるってことだよ。
新潟は自然が多く、山が崩れてなど大変だったが
東京は、何が崩れるか窓の外を見れば判るだろう。
あれらが空からお構いなしに降って来るだろう。
だから、地震、災害で徒歩で避難するには
車や電車など止まり人が溢れるだけじゃないんだよ。

会社にいるか判らないけれど
スニーカーを履いて移動しやすくしておく…
ニューヨーカーでスーツにスニーカーのような
スタイルが出てきてもいいんじゃないか。
格好よくまとまれば、良いと想うファッション。

家に会社に非常袋を用意してても
どこで災害に合うかは判らない。
いつも使う場所の避難経路を確認しておこう。
小さくても水筒やチョコ、飴、ビニル袋、マスクなど
バッグに邪魔にならない程度入れておこう。
電気、電池で使う機器はすぐに不要の産物になる。

多分、災害が起きれば災害伝言ダイヤルはパンクだ。

いつも喋っている友達や、家族、暮らしてる人に
災害時、最終的にここで連絡が取れるなど
確認をし、話あっておこう。
パニックになれば、携帯電話を何度もかけ直し
電池が切れて、更にパニックで他人の携帯を奪う
何かトラブルを起こす人も多いと想う。
特に依存症の人は怖いよ、多分。
携帯忘れただけで生きた心地しない人は
それに当たるのでプチ訓練してみよう。
私も昔、ポータブルプレイヤー依存症だった。
だから、その気持ちがとても判る。

企業も、人をかくまう位の非常設備があるなど
サイトに、ガイドブックに提示してもいいと想う。
公衆電話も駅には目立つように置こうよ。
駅に災害時に倍くらいを出して繋ぐくらいのサービスを
あんなに運賃取ってるのだからしようね。
公衆電話だけでなく、トイレの個室数も減っている。
駅だけでなく、新ビルでも、この規模でこの数かい?!
人のことを考えるならば、というビルも少ない。

高層で見渡しいいのは平和な時だけ。
何かあれば、その最上階から
その足で降りていかなくちゃいけない。
それも、自分だけじゃないから
駆け下りることもできない。
途中、足が痛くて疲れて座りこむ
年配の方や、メタボな人、心理的に参る人を
見捨てて降りていくなんて出来なくて
自分だけでも大変なのに他人に肩を貸して
倍の力を出して行かないとならない。
喉が渇いても非常階段にそんな物はない。

こんなでっかいビルなのに
段ボールの山や、不要品を片付けてない
ビルも多く、特にデパートやショップは
即対応したい、今日届いた在庫をすぐにと
非常口辺りに山積みにしていることもある。

大きな地震だと、横からモニターが
飛んでくることもある。
本棚が倒れ、きれいに収まった書籍の
総合重量は相当なものだ。
窓ガラスだって、割れない保証はない。
ここで、我が家の耐震強度が判り
もっと怖い思いをする可能性もあるのだ。

世の中の間違いや疑問を正していかない
声をあげない人はこの時に声をあげても遅い。

今や現代病で病院もベッドの空きがなく
痴呆のあるご老人が老人専門の病院の
ベッドを待ち、外科・内科・婦人科のベッドを
押さえて動かない。
家族も不況で1日ついていられないと
正月、病院に缶詰にして誰もきやしない。
近所の人に火事でも起こされたら困るから
連れてくるなといわれたと家族がいう。
そういう話を最近聴いたのだった。

国会でも、急ぐべき毎年あげられている事を
いつまでも、いつまでも決まらないで
金をかけたCMなんて作ってる暇あるなら
電車や自転車でポーズではなく汗して周り
1日医院長、1日店長をして現状視察を徹底せい!

また、地震で海が荒れれば
魚介の何か摩訶不思議が出てくるだろう。
旬の物を食べられる時間を大切にしょう。
何でも輸入というのを変えていこうというのは
生産者だけじゃない。
マグロの事も、肉のことももっと怒るべきだ。
販売している店に怒ったってが意味ない。
販売側も怒るべきだ。
売る物がなくなれば金はもらえない。
買う物がなければ生きていけない。

津波警報で、避難してた人は
コメント、TBをお願いします。




(c)isonoonsen


a0001004_2381096.gif



Excite : 社会ニュース
<津波>千島東方沖でM8.2 父島、三宅島で40cm [ 01月13日 20時27分 ]
  13日午後1時24分ごろ、千島列島のシムシル島東方約200キロ付近でマグニチュード(M)8.2の地震があった。気象庁は北海道の太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸に津波警報を発令。北海道から紀伊半島にかけての本州太平洋沿岸や伊豆諸島、小笠原諸島に津波注意報を出し、警戒を呼びかけた。警報は午後5時59分、注意報に切り替えられ、午後10時10分までにすべて解除された。
 北海道、岩手県、三重県では約11万2,000人に避難勧告が出され、約6,800人が避難した。
 同日夜までに、小笠原諸島・父島と伊豆諸島・三宅島に最大となる40センチの津波が到達。千葉県館山市、宮城県石巻市などで30センチを観測した。
 また揺れは北海道函館市、釧路市、根室市などで震度3を記録した。
 今回の地震の震源付近では、昨年11月15日にもM7.9の地震が発生し、三宅島で84センチ、宮城県石巻市で48センチなどの津波を観測した。【五味香織、岸本悠】




千島列島東方M8.2
北海道一時津波警報
[ 2007.1.14 ] 東京新聞
 13日午後1時24分ごろ、千島列島東方を震源とするマグニチュード(M)8・2(暫定値)の巨大地震があった。気象庁は午後1時36分、北海道太平洋沿岸東部、オホーツク海沿岸に津波警報を発表。約4時間半後に注意報に切り替え、その後、北海道全域で注意報を解除した。
 また愛知県を除く東北から和歌山県にかけての太平洋沿岸、伊豆、小笠原両諸島には津波注意報が出たが、午後10時10分に全面解除された。
 政府は首相官邸に連絡室を設置。北海道根室市や岩手県大船渡市など24市町村で計約42,000世帯、約11万人を対象に避難勧告が出されたが、午後10時半までにすべて解除された。実際に避難した人は北海道では約6,400人だった。
 JR北海道によると、JR根室線を通る札幌発釧路行きの特急列車など20本以上が運休した。
 気象庁は、小笠原諸島・父島と伊豆諸島・三宅島で高さ40センチの津波を観測。午後3時すぎから、根室市や岩手県宮古市、宮城県石巻市、千葉県館山市、三重県尾鷲市などで30−10センチの津波を観測した。警報対象地域だった北海道太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸では1メートルと予測していた。
 同庁によると、今回の震源の西約百キロで昨年10月15日、M7・9の地震が発生、北海道に津波警報(最大津波は伊豆諸島・三宅島の84センチ)が出た。
 この地域は、北米プレートの下に太平洋プレートが潜り込んでおり、大きな地震が発生しやすいが、今回の規模がM8・2と確定すると、観測資料が残っている1923年以降では、1994年の北海道東方沖地震と並び最大規模になる。
 国内では北海道と青森県で震度3を記録した。


[PR]
by iso_noon_sen | 2007-01-14 15:03 | 天災泉