excitemusic

わたしのしてん。            (c)音泉ニットキャップ。
by iso_noon_sen
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
タグ
最新のトラックバック
若い人は結核の感染歴がな..
from (まめ)たぬきの雑記
堤 俊輔
from オアシス
( シエスパ )について..
from クチコミコミュニケーション
日本相撲協会にみる経営不..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ママでも金、世界柔道最終..
from 新丸子の不動産屋です
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:銀行 ( 2 ) タグの人気記事

セカンドライフも、とまどぅペリカン…

私はぁ〜とまどうペリカ〜ン〜♪


井上陽水の『とまどうペリカン』。
ニュース読んでいたら記憶のスイッチ
急に「ぽち」と入って流れてきた。
この事でブログを書くまでの数日何度も流れた(-_-)

セカンドライフを楽しめる環境を作らないで
友達がやっているのを見てるだけ(-_-)
いろんなことが出来ちゃうんだけど
お手軽な中に、お手軽なワナもありそう…。
と、想っていたのよ。

全てがヴァーチャルで、自分の好きな時間に
アクセスをして買物を楽しんだり、試写会に参加したり
また、ミュージシャンであれば、バンドメンバーで
登録をして、ライブをしているのである。

お手軽で、お出かけしないでも、スッピンでも
構わないのですねぇ〜と話していたけれど
相手の顔なんか判らない怖さと
相手の顔色なんか見えない都合よさ。
お互いさまだから、というのを良心で動いていけば
すごく楽しい場所だけど、そればかりでない。


こういうニュースを聞くと、参加している人だけでなく…だね。


善かれと想って開設してくれた店が
現実社会のル−ルにひっかかって
ピンチになったら
「突然、閉鎖されるんだ」と、ひやり。
特に大勢が使っていたと想われる銀行。
私のリンデンドルは、奪われとる?

高金利で、参加者のかなりの人が口座を持った。
年率20~40%の高金利は魅力だよね。
今後は、もっと大勢のメンバーが溢れかえると
想定してのことだったのだろう…。
仮想銀行が1つ潰れたことで不安を感じて
他の銀行で早くも予測して引き出した人もいたかもね。

うむ…そんな重たい世界に長時間滞在するのに
苛立ちを感じてしまうかもしれない…
遊びたいのに、環境にストレスを感じる。
ちょっと違うかもしれないが、ポスペソフトも
見栄えがアップして重たくなって離れた1つだ。

環境を持たないことで、参加しなかったのもあるけれど
気分的にライトで、僅かな休憩時間に短時間で
パッションを感じられるサイトのが魅力に感じる。
Podや、Qulio Cityなどのバーチャは楽しかったなぁ。

国内でどれだけの人が参加しているのかな?
NTVの深夜で様子が見れる番組もあるけれど
面白そうなんだけどね、遠いバーチャワールド。



(c)isono onsen

a0001004_2381096.gif



Excite エキサイト : 社会ニュース
「セカンドライフ」で取り付け騒ぎ 仮想銀行閉鎖で換金不能 [ 01月29日 11時27分 ] J-CASTニュース
cap:なかには投資家への説明を入り口に掲げる仮想銀行もある
リンデン・ラボ社が運営する仮想3次元空間「セカンドライフ(Second Life)」で、仮想銀行と仮想ATMの営業がストップされた。これらの銀行やATMは、「セカンドライフ」内で流通する仮想通貨「リンデンドル」を扱っている。しかし、仮想通貨でも現実の通貨・米ドルと換金可能なため、仮想通貨を失えば、現実の通貨を失うに等しい事態として受け止められ、大きな問題になっているのだ。
アバターが銀行に押しかける

リンデン・ラボ社は2008年1月22日、「セカンドライフ」内の「リンデンドル」を扱うATMなどの銀行業務を全面中止する措置を取った。
この前の2008年1月8日、同社公式ブログは、仮想銀行が「リンデンドル」について年率20~40%の高金利を約束しながら、その契約が履行されていないという非難が同社に寄せられたことを受けての措置だ、と説明している。これにより、金融機関として「現実世界」に存在する政府の証明がない企業などが運営する仮想銀行は、業務が禁止されることになった。
1月8日のこの発表以降、銀行に「リンデンドル」を「預金」していたユーザーのアバター(ネット上の分身)が銀行に押しかける事態にまで発展。ATMが作動しなくなったために実際に多額の「リンデンドル」を失ってしまったしまったユーザーが多数いた模様だ。米紙「ロサンゼルスタイムズ」1月22日付けの記事では、現実通貨で400ドル相当のリンデンドルを失った女性アバターが紹介され、1月23日の「ウォールストリートジャーナル」では5ドルをATMから引き出せなかった男性が紹介されている。

「セカンドライフ」でこうした措置が取られたのには、大きな背景がある。
2007年8月には「セカンドライフ」最大の仮想銀行「Ginko Financial」が事実上倒産した。同行は年率40%前後の高金利を謳っていたにもかかわらず、債務が推定約75万ドル相当の約2億リンデンドルにまで膨らみ、預金の払い戻しができなくなった。もちろん、仮想空間に法律も裁判所もないため、預金者の仮想通貨は事実上、ゼロになった。

ギャンブルや「アダルト」禁止が響く

多くの仮想銀行が、「セカンドライフ」内のギャンブルやアダルトショップでの収入を見込んで、高金利での資金運用をしていたことが要因との見方がもっぱらだ。というのも、リンデン・ラボ社は2007年に、世界各国の賭博法に抵触する危険があるとしてギャンブルを禁止し、児童ポルノ法に反するとして未成年の仮想「性行為」などに対してアカント削除などの厳正な措置を講じた。これらからの収入が見込めなったのが響いた。

前出の1月23日の「ウォールストリートジャーナル」も、
「リンデン・ラボが"各国の賭博規制に抵触する"との理由から、同サイト内でのギャンブル運営を禁止したことがGinko Financialを直撃した。その結果、Ginkoは取り付け騒ぎを起こし、投資家たちの債務を負うことになった」
と解説している。
しかしその一方で、これまでユーザーの自主性に委ねていたリンデン・ラボ社がこうした「強硬策」に出たことへの不信感もあり、リンデン・ラボ社の「銀行停止措置」を発表した公式ブログでは、「リアルライフ(RL)でできなくて、セカンドライフ(SL)でできることは何なわけ?今度は何が禁止されるのやら」
といった書き込みが見られる。
国内では、福井市の私立高校2年の少年(16)がオンラインゲームのサーバーに不正にアクセスし、約3600万円相当の仮想通貨を盗んだとして、08年1月24日に不正アクセス禁止法違反などの疑いで警視庁ハイテク犯罪対策総合センターに逮捕された。発表によれば、少年は仮想通貨を電子マネーに換金して、実際に物品の購入に当てていた疑いがあるという。
「仮想通貨」が「現実」と深いかかわりを持つ時代になったのは間違いないようだ。

[PR]
by iso_noon_sen | 2008-02-03 06:13 | 論泉

ひどい目にあった子供たち

ワイドショーと、ニュースで見ただけなんだけど
破産手続きをすることが見込みとしても決まっていながら
授業料などを振り込ませて、対応してない様子。

「私の子供は、今年受験なのにどうしたらいいの」

と、うろたえる母親のインタビューが耳に残った。

前の英会話に関して、留学先の事件など
似たような結果で、破産手続きをしてるね。

雇われ教えていた教師も
被害者であることのが多い。

これも何度も起きていることだし
巻き込まれないような手配が必要じゃないの。
銀行の方で、破産手続きがある会社の場合は
振り込ませず、本当に必要に振り込む場合の為に
窓口へ誘導させて、どうしてATMが使えないかを
説明しつつ、それでも振り込むかを問う。

「騙してない、仕方ない」といったって
やな気持ちは一生残るよね。
これで勝負をかけて、入りたい大学に進めると
親も奮起して貯めたお金を振り込んだんだから。



(c)isono onsen

a0001004_2381096.gif



Excite : 社会ニュース
学習塾アンビシャスが閉鎖 経営悪化で破産手続き [ 06月27日 12時42分 ] 共同通信
 高校生らを対象にした学習塾「未来工房 アンビシャス」を展開する「グリーン・フィールド」(東京都渋谷区)が全国の教室を突然閉鎖、破産手続きを進めていることが27日、分かった。同社は「中途解約の増加等を原因とする売り上げ低迷により経営が急激に悪化、多額の債務を抱えた」とし「やむなく破産手続き開始の申し立てをすることとなりました」と説明。同社は高校生を中心に学習塾16校を展開。
[PR]
by iso_noon_sen | 2007-06-28 16:28 | 論泉